ドコモ、配線工事不要なIoTカメラソリューションの提供に向けてCTCやMOYAIと協業を開始

ドコモ、配線工事不要なIoTカメラソリューションの提供に向けてCTCやMOYAIと協業を開始

  • ケータイ Watch
  • 更新日:2021/11/26

NTTドコモは、伊藤忠テクノソリューションズ、MOYAIと協業して、配線工事不要で短期間で導入できるIoTカメラソリューションの開発を発表した。2022年春に提供開始予定。

No image

同社によると、カメラの新たな活用手段としてマーケティングや人流解析、店舗での行動分析などが注目される一方でカメラ設置には時間とコストがかかるという課題が生じていた。この課題解決が開発の背景にあるという。

開発中のソリューションは、MOYAIのLED一体型高機能ネットワークセンサー「IoTube」にドコモの4Gネットワーク回線のSIMカードを組み込むことで、収集した動画のリアルタイムな閲覧やAIによる動画解析を短期間で実現するプラットフォームサービス。サービスの運営は伊藤忠テクノソリューションズが担当する。

「IoTube」は、LED蛍光灯と高機能カメラを備えたIoTネットワークセンサー。既存の蛍光灯と互換性があり、電気・配線工事のコストが不要で、装飾やレイアウトを崩すことなく設置できる。カメラとして店内や車両内などの様子を撮影することができる。今回開発するプラットフォームは、スマートフォンやタブレットなどの端末から動画データの確認やダウンロードをすることができ、マイク・スピーカー機能を利用すれば緊急時の通話も可能。

2022年春から提供開始する新しいバージョンの「IoTube」は、エッジAIや温度、湿度、赤外線サーモグラフィ、煙検知の各種センサーなどの搭載を予定している。加えて、MOYAIでは第6世代Wi-Fiや5Gへの対応も検討しているという。

的野 宇

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加