AirPodsは将来的にヘルスケアへと向かう?体温や姿勢の測定、補聴器などの機能も

AirPodsは将来的にヘルスケアへと向かう?体温や姿勢の測定、補聴器などの機能も

  • iPhone Mania
  • 更新日:2021/10/14
No image

Appleがヘルスケア機能を持つAirPodsの開発を行っている、とThe Wall Street Journalが伝えています。デバイスは早ければ来年にもリリースされる可能性があるとのことです。

「会話ブースト」はAirPodsの新たな局面を切り開くか?

WSJが見たという資料によれば、体温/姿勢測定を行ったり、補聴器の役目を担うAirPodsをAppleが開発中であるとのことです。

Appleは「会話ブースト」を先週リリースしたばかりですが、Appleが現在開発しているものがこの機能の延長線上にあるのか、全く別の機能なのかは明らかになっていません。

BoseはすでにFDA認証を取得

音響メーカーのBoseは、すでにFDAの認可を得た補聴器を販売しており、今後Appleのライバルとなる可能性も考えられます。

しかしながらワイヤレスヘッドホンのシェアでは、2020年時点でAppleがBoseの5倍の売上を上げており、Appleが優勢を保っています。

機能が一般向けにリリースされない可能性も

AirPods Proには、マイク、アンプ、高性能プロセッサなどのセンサーが搭載されているため、軽度・中等度の難聴者をサポートするために必要な技術の多くがすでに搭載されている、と専門家は述べています。

ヘルスケア機能を搭載したAirPodsは早ければ2022年にも登場するといわれていますが、機能が一般向けにリリースされない可能性もある、ともWSJはコメントしています。

Source:WSJ
Photo:Apple
(lexi)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加