【実話】年下男子たちは見た!マッチングアプリの「ナシ」なアプローチ

【実話】年下男子たちは見た!マッチングアプリの「ナシ」なアプローチ

  • コクハク
  • 更新日:2022/06/23

マッチングアプリで年下男子を求める年上女性が増えています。見事年下男性とデートできる女性もいますが、なかにはなかなかデートが実現しない女性も……。
どういう女性はNGを食らってしまうのかを、年下男性たちに聞いてみました。

【内藤みかのあたらしいのがお好き】

年上女性でもかまわない

No image

「年上女性、全然アリ!」(写真:iStock)

年上女性が心配するほど、年下男性は年齢差を気にしていません。むしろ「年上のお姉さんに憧れる」「一度年上の女の人とお付き合いしてみたい」と前向きに考える男性も少なくないのです。

友達と夫がこたつの中で…靴を脱ぐとパンツを脱ぎたくなる!?

実際、マッチングアプリでも年下男性と年上女性とのマッチングは頻繁に起きています。

年上女性たちも最近は、美魔女と呼ばれるほど年齢を感じないルックスの人もいるので、一緒に歩いていてもイヤではないのだとか。

そんな彼らですが、なかには「ちょっとムリ」と感じる年上女性もいるそうです。それは、どんな振る舞いをする人なのでしょうか?

1. タイムリミットの条件をいきなり提示

No image

ちょっと気が早すぎ…?(写真:iStock)

年下男性がニガテだと感じるのは、タイムリミットを設ける女性なのです。

「私は○○歳だから、出産のタイムリミットもあるので、今年中に結婚したいです」という人や、「1年以内の結婚を考えているのなら、お会いします」と条件をつけてくる人が実際にいるのだとか。

「気持ちはわかるけれど、まだ会ってもいないのに、結婚の話をされるのはちょっと怖い」ということで、そういう女性に遭遇したら、深入りせずに、そうっとフェイドアウトしてしまうのだとか。

年上女性にはタイムリミットがあっても、年下男性にはまだまだありません。女性のスケジュール感覚を押しつけると逃げられてしまうのです。

2. 初デートがいきなり旅行

No image

「行くわけないじゃん。ってか、ヤリモクなの? 」(写真:iStock)

マッチングアプリで知り合った相手との最初のデートは、お互いに負担がないよう、カフェでお茶する程度のものが一般的です。けれど、最初のデートでいきなり旅行に誘ってくる年上女性がいるそうです。

しかもいきなり「温泉に行こう」や「京都に行きたい」などと、かなり乗り気なのだとか。

旅行に行きたい理由を聞くと、「あなたは他の女性からもいいねをされてるみたいだから、早く決定的な仲になっておきたいの」などと答えるそうですが、さすがに面識のない人との旅行は難易度が高すぎですよね。

先に旅行に行った人が勝ちなわけではありません。気が合う魅力的な女性であれば、お茶だけでも初対面から盛り上がれるはずです。

3. 毎日足跡をつけてくる

No image

「足跡怖っ」(写真:iStock)

また、年下男性からのアプローチを待っているだけの年上女性も苦手だそうです。

マッチングアプリのなかには足跡がつく機能があるものが多いのですが、毎日ぺたぺたと足跡だけをつけてくる年上女性がいるそうです。けれど、その人からいいねやメッセージはしてこないのだとか。

年上女性からすれば「自分から積極的にいいねをするのは恥ずかしい」という心境なのでしょうけれど、だからといって毎日足跡をつけまくったら、年下男性から怖がられてしまいます。

結局この彼も、この足跡女性にメッセージを送ることはなく、別の女性とマッチングしたのでした。

まずは普通のやり取りを

No image

人間関係の構築から始めよう(写真:iStock)

こうして話を聞いてみると、年上女性が積極的すぎたり消極的すぎたりすると、年下男性は逃げたくなるようです。

「年下の男性は、何を話していいかわからない。でも年下男性と仲良くなりたい」という女性が多いですが、だとしたらまずはアプリを通して年下とメッセージのキャッチボールができるようになる練習をしてみましょう。

メッセージ上で楽しく会話が弾むようなら、会うことも考えてみましょう。ろくに話もしていないのにいきなり会っても、そこに待っているのは気まずい沈黙かもしれません。

あまり肩に力を入れず、年齢を意識せず、まずは楽しいやりとりを心がけることが大切なのです。

早くゴールインしたいと焦る気持ちはわかりますが、結婚や恋愛はふたりの合意があってこそ。年下男性のペースに寄り添い、よきタイミングを大人の余裕で待ってあげられるようになりましょう。

そのほうが、「この人は僕を理解してくれる」と早い結果につながる可能性も出てくるのではないでしょうか。

(内藤みか/作家)

内藤みか

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加