永里優季、幸せいっぱいの“婚約指輪ショット”に盟友・川澄も反応 「きゃーおめでとう」

永里優季、幸せいっぱいの“婚約指輪ショット”に盟友・川澄も反応 「きゃーおめでとう」

  • Football ZONE WEB
  • 更新日:2022/01/15
No image

シカゴ・レッドスターズのFW永里優季(写真はレーシング・ルイビル時代)【写真:Getty Images】

前所属クラブのレーシング・ルイビルも「おめでとう!」と祝福

米女子サッカーリーグNWSL(ナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ)のシカゴ・レッドスターズに復帰した元なでしこジャパン(元女子日本代表)FW永里優季は、1月14日に自身の公式インスタグラムで“婚約指輪ショット”を披露。盟友の元なでしこジャパンFW川澄奈穂美(ゴッサムFC)も「きゃーおめでとう」とコメントするなど、祝福の輪が広がっている。

2021年はNWSLのレーシング・ルイビルでプレーした永里は、リーグ戦21試合で2ゴールを記録。そして今年1月11日、古巣シカゴ・レッドスターズへトレードでの復帰が発表された。

レーシング・ルイビルFCの公式サイトでは、トレード決定時にジェームズ・オナー暫定社長が「彼女が行ってしまうのは悲しいが、状況は理解している。ユウキのルイビルでの貢献に感謝している」と永里に感謝の言葉を述べている。

リリース内では、「私はシカゴに住んでいるパートナーと婚約し、そこ(シカゴ)で2人での生活をしていくことにしました。プレーはし続けたかったので、レーシングの理解には感謝しています」と婚約したことにも言及。そのなかで、永里は1月14日にインスタグラムで「私は『イエス』と言った」と綴り、受け取った婚約指輪を左手の薬指につけて笑顔で披露する婚約者からプロポーズを受けた際のショットと思われる写真をアップした。

投稿には、日本初の女子プロサッカー「WEリーグ」に参入するアルビレックス新潟レディースに所属する元なでしこジャパンMF川村優理が「わぁーいわぁーいわぁーい。おめでとう。遊びに行こうかな」とコメントするなど、男女問わず多くのサッカー選手が反応。さらに、世界の頂点に立った2011年の女子ワールドカップ(W杯)をはじめ、翌年のロンドン五輪や準優勝となった15年の女子W杯などで共闘するなど、盟友と言える川澄も「きゃーおめでとう」と祝福。前所属クラブのレーシング・ルイビルも「おめでとう!」とメッセージを送っていた。(Football ZONE web編集部)

Football ZONE web編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加