YouTube上の“ラジオ局”目指すオンラインサロン「PILOT」開設 初回番組はAマッソ加納&ヒコロヒー

YouTube上の“ラジオ局”目指すオンラインサロン「PILOT」開設 初回番組はAマッソ加納&ヒコロヒー

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2020/08/01
No image

YouTube上の“ラジオ局”目指すオンラインサロン「PILOT」開設

YouTube上でラジオ局を運営することを目的としたオンラインサロン「PILOT」が8月1日、CAMPFIREコミュニティで開設された。ラジオファンが理想のラジオ番組を作ることを目的としたYouTubeチャンネルで、オンラインサロンのメンバーが運営スタッフとなり、番組の企画立案から配信まで全て担っていく。

【写真】ハナコ×Aマッソ×四千頭身“大座談会”

サロン名になっている「PILOT」は、“パイロット版”の意味も持ち、好評だった企画はレギュラー化していく予定。また、各ラジオ局への売り込みや、公開収録などイベント展開を目指しており、主宰メンバーには、放送作家の白武ときお氏、ラジオディレクターの越崎恭平氏、映像作家の柿沼キヨシ氏、映画プロデューサーの雨無麻友子氏が名を連ねる。

同オンラインサロンでは、運営のためのメンバーを募集中。プロアマ問わず、ラジオ好きなら誰でも参加が可能で、月額1000円となっている。第1弾のラジオ番組として、Aマッソの加納愛子とヒコロヒーの2人による「レイコーラジオ」を近日公開予定。2人が喫茶店でレイコー(アイスコーヒー)を飲みながら喋っているのを盗み聞きするような番組となっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加