【INOKI BOM-BA-YE×巌流島】木村ミノルが参戦、パンチに自信あり、RIZIN選手へ宣戦布告

【INOKI BOM-BA-YE×巌流島】木村ミノルが参戦、パンチに自信あり、RIZIN選手へ宣戦布告

  • イーファイト
  • 更新日:2022/11/25
No image

木村“フィリップ”ミノルが猪木さん追悼興行に参戦決定

12月28日(水)東京・両国国技館で開催される『INOKI BOM-BA-YE×巌流島 in 両国』の記者会見が11月25日(金)都内にて行われ、第3代K-1 WORLD GPスーパー・ウェルター級王者の木村“フィリップ”ミノル(ブラジル)の参戦が発表された。木村は“KO KING”と呼ばれ、その豪腕でKOを量産しK-1のリングを盛り上げてきた。

【動画】木村ミノルの爆裂KOシーン、今回も炸裂なるか

木村は昨年12月のK-1 WORLD GPスーパー・ウェルター級タイトルマッチで和島大海に3R KO負けを喫し王座陥落。その後、K-1卒業しボクシング転向を表明、11月21日にはK-1との契約が満了したことを発表していた。

会見に出席した木村は「今週月曜にK-1との契約を円満に終了し、フリーとなりました。この場をお借りしてK-1の皆様には感謝を伝えたいと思います。ありがとうございます。僕自身1年間試合をしていないこともあり、すぐに試合をしたいという想いから谷川(貞治)さんにご連絡させていただきました。僕はブラジル人で猪木さんはヒーローのような存在ですし、追悼の大会に出られることは僕にとって意味のあることだと思います。最近はボクシングのトレーニングに専念していたのですが、ルールは何でもいいと思ってますし、パンチにはより一層自信が付いているのでこの大会では自分の実力を存分に発揮できると思って凄く楽しみにしてます」とあいさつ。

木村は2016年9月のRIZINでMMAに初挑戦、チャールズ・"クレイジー・ホース"・ベネットに1R KO負けを喫している。木村は「僕は格闘技界にやり残したことはたくさんあると思いますし、まだまだ自分の強さを証明し切れていない部分があるので、ルールは何でもいいのでMMAでも準備して戦いたい。そこはお任せします。ファンが望むような対戦カードだったり、自分の強さを格闘技界にもっと知らしめたい」とMMAルールでも問題ないという。

木村の対戦相手は調整中の段階だが、「猪木さんの名前が広まったのは異種格闘技戦があったから。できればRIZINの選手と異種格闘技戦をやりたい」といい、萩原京平の名前を挙げた。「キャラクター的にやりたいなと思いました。全部試合を見てますし、RIZINでハードな試合をどんどんしていて全部チャレンジなカードばかり。毎回熱い試合をしていてファイターとして魅力があるのでやりたいと思いました」と理由を語った。

☆この大会の詳細、対戦カード、チケット情報など

▶次ページは【動画】木村ミノルの爆裂KOシーン、今回も炸裂なるか

【動画】木村ミノルの爆裂KOシーン、今回も炸裂なるか

◀「【INOKI BOM-BA-YE×巌流島】木村ミノルが参戦」の記事へ戻る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加