フリーWi-Fiはどこにある?|フリーWi-Fiが使えるおすすめスポット【インターネット基本のき】

フリーWi-Fiはどこにある?|フリーWi-Fiが使えるおすすめスポット【インターネット基本のき】

  • サライ.jp
  • 更新日:2022/06/23
No image

パソコンやスマートフォン(以下、スマホ)でインターネットへ接続する際に利用するWi-Fi。リモートワークの増加に伴い、自宅にWi-Fiルータを設置した人も多いかと思います。

自宅では設置したWi-Fiを使えばよいですが、困るのは外出先でインターネットを利用したいとき。外出先では、フリーWi-Fiを利用する方も多いのではないでしょうか。

ただ、フリーWi-Fiは、使える場所と使えない場所があり、いざというときに「フリーWi-Fiが見つからない!」ということも……。そこで、今回はフリーWi-Fiを利用したいときに役立つ、おすすめのフリーWi-Fiスポットをご紹介したいと思います。

目次
フリーWi-Fiとは?
近くのフリーWi-Fiスポットを見つける方法は?
フリーWi-Fiが使えるおすすめスポット
最後に

フリーWi-Fiとは?

フリーWi-Fiとは、公共の場所や飲食店の店内など、誰でも利用できるように提供されているWi-Fiスポットのことです。利用費もかからないため、外出先でインターネットを利用する際に活用することができます。

しかし便利な反面、フリーWi-Fiを利用する危険性も無視はできません。特にWi-Fi名の横に鍵のマークがついていないものは、暗号化されていません。したがって、鍵マークのついていないフリーWi-Fiを使用する場合は、通信が盗聴・のぞき見されている可能性があります。これは、閲覧しているWebサイトのURLや履歴、メールの内容を第三者にのぞき見られるだけでなく、パスワードなどが盗まれる危険性もゼロではありません。

No image

また、一見正規のフリーWi-Fiのなりすましアクセスポイントに接続し、端末の情報を抜き取られるケースもあります。なりすましアクセスポイントとは、悪意を持った人物が、盗聴やのぞき見、端末の乗っ取りを目的として、後述するような正規のフリーWi-Fiと同名であったり、よく似たネットワーク名のアクセスポイントをスポットの近くに設置することです。

このように、フリーWi-Fiを利用する際は危険性がある、という点に注意し、暗号化されているフリーWi-Fiのみを利用したり、Wi-Fiの自動接続設定をオフにしておいた方が良いでしょう。

近くのフリーWi-Fiスポットを見つける方法は?

よく訪れる場所であればWi-Fiスポットを把握しているかもしれませんが、普段訪れない場所だとどうしてもWi-Fiスポットがわからず困ってしまうこともあると思います。

後述しますが、大手チェーン店ではフリーWi-Fiを利用できるスポットが多いもの。そのため、フリーWi-Fiを利用できるチェーン店を覚えておくと、役に立つことも多いでしょう。

ただ、利用できるスポットを覚えきれない、という方もいると思います。そんな時には、下記の『タウンWiFi by GMO WiFi自動接続アプリ』のようなフリーWi-Fiスポットを探してくれるアプリをインストールしてみてはいかがでしょうか。

No image

フリーWi-Fiが使えるおすすめスポット

それでは、実際にフリーWi-Fiが使えるおすすめスポットについてご紹介したいと思います。

大手カフェチェーンのカフェ

スターバックスやタリーズコーヒー、ドトールコーヒー、銀座ルノアールといった大手チェーンのカフェでは、フリーWi-Fiを提供している店舗が多いです。長時間座って作業もできるため、パソコンをフリーWi-Fiに接続して利用をしたい、という方はカフェのフリーWi-Fiを利用してみてはいかがでしょうか。

基本的に、フリーWi-Fiを利用する際は利用規約の同意と会員登録が必要になります。ただ、スターバックス、タリーズコーヒー、ドトールコーヒーなどでは会員登録なしでフリーWi-Fiを利用することが可能です。

カフェは作業がしやすい反面、Wi-Fi目的にカフェに滞在する人が多くなるため、混雑時にインターネットが遅くなりやすいというデメリットがあります。

大手コンビニチェーン

店舗数も多く、短時間だけWi-Fiに接続したい、という場合にはフリーWi-Fiが利用できるコンビニを利用してみてはいかがでしょうか。全国に展開する大手コンビニチェーンのうち、店内でフリーWi-Fiを提供しているのは、ローソン、ファミリーマートの2つです(※セブン&アイグループの無料Wi-Fiサービス「7SPOT」は2022年3月末に終了しました)。

どちらとも、フリーWi-Fiを利用する際にはメールアドレスを用いた会員登録が必須となっています。ローソンでは最大60分が1日5回、ファミリーマートでは最大20分が1日3回までと、1日に利用できる時間・回数が異なるため、注意が必要です。

また、コンビニチェーンにはそれぞれのコンビニが提供しているWi-Fiの他に、各携帯キャリア会社が提供しているフリーWi-Fiが利用できるところも増えています。ぜひこちらも合わせて利用してみてはいかがでしょうか。

空港、バス、地下鉄などの公共機関

No image

主要5都市では、空港や地下鉄などでもフリーWi-Fiが利用可能です。例えば東京都であれば羽田空港、成田空港、都営地下鉄、都営バスでフリーWi-Fiが提供されています。ビジネス等で主要5都市に訪れることが多い方は覚えておくと役に立つ場面が来るかもしれません。

また、主要5都市以外の地方自治体でもフリーWi-Fiを提供している地域がいくつもあります。京都市では「KYOTO Wi-Fi」、横浜市では「 YOKOHAMA_Free_Wi-Fi」のようにそれぞれの市区・団体名となっているため、必要に応じて利用してみてはいかがでしょうか。

最後に

ビジネス・プライベートを問わずインターネットを利用する機会が増えた今、外出先でも快適にインターネットを利用できる状況が必要となってきています。

まだ確実に安全とは言えないフリーWi-Fiですが、フリーWi-Fiに接続している間は個人情報を入力しないなど、自衛をしながら様々なフリーWi-Fiスポットを利用してみてはいかがでしょう。

●構成・執筆/西田 絢(にしだ あや|京都メディアライン・https://kyotomedialine.com
国家試験「情報処理技術者試験」の区分にある「ITパスポート試験」「基本情報技術者試験」を保持。通販ECパッケージの開発・導入・保守サポートを行う企業にて技術面での保守サポートを行っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加