本格中華料理を家で作ってみたくない?じゃがいも、唐辛子、調味料で作れるご飯のお供があるんです

本格中華料理を家で作ってみたくない?じゃがいも、唐辛子、調味料で作れるご飯のお供があるんです

  • BuzzFeed
  • 更新日:2022/11/25

超簡単じゃん!ご飯がすすむじゃがいもの中華料理が話題です。

(((はげしい)))キーウィさんが「じゃがいも使ったご飯のお供」をTwitterに投稿したところ、3.3万回を超える「いいね」が集まりました。

リプライ欄には「簡単なので今度やってみよう」「いいな、メシが進みそうだ」「ビールともよく合いますね!」など、反響が寄せられています。

「中国人の友達(元プロのシェフ)がやってた中華料理」

No image

(((はげしい)))キーウィさんのTwitterより / Via Twitter: @Justinocarina

千切りしたじゃがいもをよく洗い、油と唐辛子で炒める。

そして、味の素と酢を入れる。

お好みで、塩、胡椒を入れても!

たったこれだけで、最強のご飯のお供が完成するなんて…。

じゃがいもと唐辛子と定番の調味料のみで作れてしまうこの中華料理は「酸辣土豆丝(サンラートートースー)」。

すっぱ辛いじゃがいもの千切りという意味です。

ご飯がすすむ味とは、試したくなります

BuzzFeedは、(((はげしい)))キーウィことジャスティンさん(@Justinocarina)に話を聞きました。

現在は、エジプト在住でオカリナ講師として活動しているジャスティンさん。

他にも、イラスト描きやライターとして活動をしています。

レシピを知ったのは、中国で音楽を教えていたときでした。

当時の教え子の家族が家へ食事に来るよう招待してくださったことがあったそう。

その教え子のお父さんがプロの料理人だったため、このレシピを教えてくれたのだとか。

実は、このレシピを教えてもらった日に他のレシピも教えてもらっていたジャスティンさん。

「中国人の友達(元プロの中華料理人)がやってたドレッシングのつくり方」

No image

(((はげしい)))キーウィさんのTwitterより / Via Twitter: @Justinocarina

中国人シェフが教えてくれたレシピが簡単すぎて作りたくなっちゃいますね。

「酸辣土豆丝(サンラートートースー)」を作るときの注意すべきポイントを尋ねてみると、こう教えてくれました。

「できるかぎりじゃがいもを細く切ることです。太いとシャキシャキせず、ゴリゴリします」

よく洗うのもポイント!

No image

(((はげしい)))キーウィさんのTwitterより / Via Twitter: @Justinocarina

おすすめのアレンジ方法について聞くと…

「中国のストリートで食べる酸辣土豆丝は、恐ろしいほどの唐辛子が入っていますが、最初に油で唐辛子だけを炒めればその分辛みが出ます。ストリートフードは、時間との勝負なので唐辛子を大量に入れますが、家庭では時間をかけて油に辛みを移せば良いと思います」

「またカレー粉を入れる、肉を入れるなどのアレンジもあるようですが、私はシンプルなのが一番おいしいと思います。白いご飯とよく合います」

セネガル料理の「チェブジェン」

No image

-
from Instagram

ジャスティンさんが最も印象深かった海外の料理は、セネガルの「チェブジェン」。

「魚の煮汁で米を炊いた料理で、簡単ながらも深い味わいがありました。にんにくや玉ねぎ、他には煮込んだ野菜が丸ごと入っていました。ニンジンが3,4本並んでいたと思います」

「しかも取り皿など使わず、一つの巨大な皿から全員が食べるスタイルがなんとも印象的でした。私を招いて下さったセネガル人の家が電球一つの暗い部屋だったため、最初はあまり料理の見栄えが良く思えなかったのですが、期待と味のギャップがあまりに大きく、すぐに名前を聞いてメモしました」

Yukimi Tazawa

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加