嵐が“番組枠”引き継ぐ!相葉レギュラー「VS魂」、櫻井MC「1億3000万人の-」来年1月スタート

嵐が“番組枠”引き継ぐ!相葉レギュラー「VS魂」、櫻井MC「1億3000万人の-」来年1月スタート

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/10/17

国民的グループ、嵐の冠番組で年内に放送終了するフジテレビ系「VS嵐」(木曜後7・0)と日本テレビ系「嵐にしやがれ」(土曜後9・0)の後番組が16日、明らかになった。来年1月にフジは相葉雅紀(37)がレギュラー出演する「VS魂」、日テレは櫻井翔(38)がMCの「1億3000万人のSHOWチャンネル」がスタート。相葉は「皆さんに楽しんで頂けるように」と誓い、櫻井は「1週間の疲れを癒やす和やかな空気を」と気合十分だ。

嵐と視聴者の思い出の場が、相葉と櫻井によって“継続”される。

放送中のフジ系「VS嵐」と日テレ系「嵐にしやがれ」は、嵐が大みそかに活動休止することから年内で放送を終了。先月10日に日テレが番組改編説明会で発表し、フジも本紙などの取材に番組終了を認めていた。

2008年4月12日にスタートした「VS嵐」の放送回数は466回。10年4月24日開始の「嵐にしやがれ」は、17日の放送で441回に。ともに人気長寿バラエティーとして、お茶の間に笑いを届けてきた。来年1月からは相葉と櫻井が“嵐の番組枠”を牽引する。

フジ系新番組のゲームバラエティー「VS魂(だましい)」は、「VS嵐」の“魂”を継承し、相葉が初回放送時に発表される新レギュラーとともにゲストと対決。「VS嵐」では12年間で50以上の対決ゲームが考案され、人気企画が一部残る可能性もある。

相葉は「嵐5人で12年間という長い期間『VS嵐』を続けさせていただいて感謝しています」としみじみ。「嵐にとって大事な番組枠を、僕1人で続けさせていただくことにとてもプレッシャーを感じてはいますが、皆さんに楽しんで頂けるように精いっぱい全力で頑張ります」と誓った。

一方、日テレ系新番組「1億3000万人-」は、MCの櫻井がYouTubeチャンネルならぬ「SHOWチャンネル」の局長に就任。日本国民1億3000万人の“クリエーター”から「やってみたい」「見てみたい」1行企画を募集し、櫻井や共演者が実行していく。

櫻井は「5人で大切に守ってきた」という番組枠での“再スタート”に「1人で背負うという大役を務める運びとなり、正直驚いています」と告白。実は映像マニアでもあり、「週明けに、学校や職場などで会話のきっかけとなる番組を目指します」と胸を躍らせた。

活動休止する来年も嵐の勢いは止まらない。

No image

フジテレビ系「VS魂」でMCを務める相葉雅紀

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加