目指せ、中国新富裕層のボディーガード デジタル防衛は必須技能

目指せ、中国新富裕層のボディーガード デジタル防衛は必須技能

  • AFPBB News
  • 更新日:2020/10/17
No image

中国・天津にあるチンギス・セキュリティー・アカデミーの講習の様子(2020年9月8日撮影)。

【AFP=時事】中国・天津にある「チンギス・セキュリティー・アカデミー」で受講生らは、現代の新富裕層にとっての脅威は、殺し屋ではなくハッカーであることを学ぶ。同アカデミーによると、ここは、同国唯一のボディーガード育成のための専門学校だ。

受講生らは毎日黒のビジネススーツを身にまとい、夜明けから真夜中までトレーニングに励む。講習では、格闘や武器の訓練、高速運転など従来の警護術に加え、デジタル防衛も扱われている。

毎年、約1000人がアカデミーを卒業。卒業生らは、急成長する同国の新富裕層のボディーガードを目指す。ボディーガードの年収は7万ドル(約740万円)にのぼることもあり、これは会社員の年収の数倍にあたる。

設立者のチェン・ヨンチン氏は、ここでの規律は軍隊よりも厳しいとし、成功するためには最善を尽くすしかないと述べた。

質素な屋内運動場で、受講生らは列をなしてトレーニングに臨む。プラスチックの青い銃を構え、前を見据えて、窓が割れた黒いアウディに警護対象者を安全に乗せる。ジムでは、おそろいの赤いTシャツを着てボクシングの特訓だ。

ペアで侵入者から「クライアント」を守る訓練をする一幕も。教官が「危ない!」と叫ぶと、素早く「ボス」の前に立って同時に銃を構える。2秒以内にできないと、50回の腕立て伏せが科される。

監視が行き届き、路上犯罪の発生率が低い同国では、ボディーガードには当局の監視やプロのハッカーに対抗する技能が求められる。携帯電話のハッキング阻止、インターネットの安全性確保、盗聴者探し、データの消去などだ。

受講生のズー・ペイペイさん(33)は、山西省出身の退役軍人。ボディーガードになれば、専門的なスキルや学歴の不足を補えると期待している。

ペイペイさんは「もちろん、かっこいいしね」と続けた。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加