忙しい私にかけてくれる息子の言葉が、実家のおかん級の気遣い/よいたん3歳、ときどき先輩

忙しい私にかけてくれる息子の言葉が、実家のおかん級の気遣い/よいたん3歳、ときどき先輩

  • レタスクラブ
  • 更新日:2022/08/05
No image

もう行くのかい? / (C)まぼ/KADOKAWA

「しょうがないよ、みんな間違える」まるで仏のような悟りを開いている息子/よいたん3歳、ときどき先輩

3歳の息子よいたんが、そこはかとなく人生の先輩っぽい…?

早朝に仕事に行く私に「何か食べてから行くんだよ」と声をかけ、遅くに帰宅するのを待っていて「早く寝るんだよ」と労りの言葉をかける。好物のかぼちゃの煮つけを食べさせれば「うん…よくできてる…」と食レポのような感想を述べ、揚げすぎて焦げた唐揚げを見て「間違えたっていいんだよ」と慰めてくれる。もしかしてうちの息子、人生2回目!?

そんな3歳児・よいたんとの驚きと笑いにあふれた日々を描き、読めば癒やされること間違いなしのほのぼの育児コミックエッセイ『よいたん3歳、ときどき先輩。』をお送りします。

※本記事はまぼ著の書籍『よいたん3歳、ときどき先輩。』から一部抜粋・編集しました

No image

いってらっしゃい… / (C)まぼ/KADOKAWA

No image

よいたんの言葉に従って / (C)まぼ/KADOKAWA

No image

その気遣い、実家のおかんか!? / (C)まぼ/KADOKAWA

著=まぼ/『よいたん3歳、ときどき先輩。』(KADOKAWA)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加