石原さとみ、岡田惠和オリジナルドラマで主演! 新春SP「人生最高の贈りもの」

石原さとみ、岡田惠和オリジナルドラマで主演! 新春SP「人生最高の贈りもの」

  • シネマカフェ
  • 更新日:2020/11/20
No image

「新春ドラマスペシャル 人生最高の贈りもの」(C)テレビ東京

もっと画像を見る
石原さとみ主演で新春ドラマスペシャル「人生最高の贈りもの」が放送されることが決定。余命宣告をうけた女性と、彼女を取り巻く家族の絆を描く岡田惠和(「ひよっこ」「姉ちゃんの恋人」)のオリジナル脚本となっている。

元大学講師の翻訳家・笹井亮介は、妻に先立たれ一人暮らしとなったいまは、家事も料理も完璧にこなすが、仕事は自由奔放。〆切を守らない亮介に、担当編集者はいつも隣で頭を抱えていた。一方、亮介の一人娘・ゆり子は、長野ののどかな町で亮介の元教え子で教師の夫と暮らしていた。ところがある日、ゆり子が父のもとに帰ってくる。これまで父と娘の会話をろくにしてこなかったため、2人の間にはぎこちない雰囲気が漂う。こうして始まった父と娘の2人暮らし。緊張しつつも温かく穏やかに過ぎていくが、実は娘に残された時間はわずかだった――。

自身の余命がわずかであることを知った主人公・田渕ゆり子が、突然、実家の父親のもとに帰省するところから始まっていく本作。そんなゆり子を演じるのが、テレビ東京のドラマ初主演となる石原さん。「岡田さんの脚本には、セリフやト書きに“どうとらえるかは役者次第”みたいな余白が多くて、こういう余白があって考えさせられるものをやりたいと思っていたので、台本をいただいたとき、とても嬉しかったです」と出演決定を喜ぶ。

また「病気や余命があってもこれだけ日常を尊く映しているのを見て、お茶を入れるにしても、ご飯を作るにしても、ただ家で過ごすにしても、自分自身の生活にも豊かさを生み出すことに幸せを感じられる今の自分だからこそできる作品だと感じました。特別な喜びを求めるのではなく、ただ一緒においしいものを作って、美味しいって言えて、その空間すらもなにか心地がいいというか…。こういう中で、一緒のものを作って達成感を味わうのは、親子でも成立するし兄弟でも成立するような、生活の幸せを知ることができる尊い作品だなと思いました」と物語の印象を明かし、「この作品に込められた穏やかさとか温かさとか優しさとか…日常の尊さみたいなものが伝わって、見てくださっている方々の生活が少しでも温かくなったらいいなと思います」とコメントしている。

そして「尊敬する先輩、八木康夫プロデューサーと、オリジナルでとくに放送のあてもなく脚本をつくりました。どういうドラマが観たいか、つくりたいかを想いながら書きました」と本作ができた経緯を明かした岡田さんは、「彼女は、スーパーな力を持っているわけではないけど、きちんと理不尽なことや曲がった世界に物申す主人公を演じることが多かったと思います。そしてその作品は女性たちに確実に力を贈っています。女性たちだけじゃなく、今を生きるすべての物申せない人たちに。それは素晴らしいことです。でも俳優としての石原さんの魅力はそれだけではない。今回のドラマのようなホームドラマの中の、どこにでもいるような女性の役も、絶対に上手い。絶対素敵であると、確信しています。甘えたいけどできない、どうも素直に思ったことを言えない、でも父のことが大好きで。そんなヒロインを素敵に演じてくださっています。間違いないです。今回、やっと出会えたと思っています、嬉しいです」と石原さんについて語っている。

なお監督は、「池中玄太シリーズ」「新宿鮫シリーズ」など数多くの名作ドラマを演出し、2011年に旭日小綬章を受章した石橋冠が務める。

「新春ドラマスペシャル 人生最高の贈りもの」は2021年1月4日(月)20時~テレビ東京系にて放送、地上波放送終了後ひかりTVにて配信。

cinemacafe.net

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加