【秋の夜長】おすすめ本

【秋の夜長】おすすめ本

  • DAILY MORE
  • 更新日:2021/09/17

みなさんこんばんは♩

なんだか急に涼しくなって
秋はもうすぐそこだ〜♡と感じている今日この頃です。。
(一番好きな季節)
わたしは金木犀の香りがすると
学生時代の通学路を思い出します。(笑)

みなさんの秋の思い出はなんですか??

と、余談はこの辺にしておいて
秋の夜長にぜひ、おうちでのんびり読んでほしいおすすめの本をご紹介します♩

おすすめの3冊をピックアップ!

No image

(イラストは色鉛筆で描いてみました!へたっぴ)

今回は3冊をピックアップしてみました。

エッセイ1冊と小説2冊です。
読書はあまりしないな…という初心者さんでもとても読みやすい本たちだと思います。ぜひ、読書の魅力に気がつくきっかけになったら嬉しいです♩

石田ゆり子さん「Lily ー日々のカケラー」

No image

こちらは女優・石田ゆり子さんのエッセイ本です。わたしの大好きな女優さん♡出版されている本は端から読ませていただいていますが、特にこのエッセイ本がお気に入り。というのも、暮らしの中にしっかりと自分の「こだわり」を持っていて、とても楽しそうに生活していらっしゃるのが伝わってくるからです。私も石田ゆり子さんのように年齢を重ねていきたい。。。動物好きで有名ですが、ペットもたくさん出てきて本当に楽しそう!読んでいると、歳を取るのがちょっぴり楽しみになる一冊です。memo:出版社 文藝春秋     著者 石田 ゆり子

近藤史恵さん「ときどき旅に出るカフェ」

No image

小説の1冊目は、1993年に「凍える島」で第4回鮎川哲也賞を受賞し、作家デビューをした近藤史恵さんの作品です。

主人公がふらりと入ったカフェは、かつて同じ会社で働いていた後輩が店主の店でした。メニューには少し変わった外国の料理がたくさん。店主はふらりと店を閉め、新たな旅先で出会うスイーツを探しにいきます。そんなちょっぴり変わったカフェで、変わらない日々に憂鬱を感じていた主人公が少しずつ前に進み始める、読むと心がほっこり暖かくなる物語です。

わたしはこの本を読んで、将来自分もカフェを開きたい…!という夢を持つようになりました♡
やっぱり人は人と関わって生きていくことに喜びを感じるんじゃないかと思える一冊です。

memo:出版社 双葉社
著者 近藤史恵

黒住光さん「花束みたいな恋をした」

No image

最後の本は、みなさんもよーーーく知っていると思います。菅田将暉さんと有村架純さんが主演を務め、とても人気だった映画のノベライズ本です。もちろん映画もみました♡ストーリーが好きというのもありますが、麦くんのイラストがとても好きです。本にはたくさん挿絵があるので、字を追いながらイラストも楽しめます。(映画のエンディングでイラストがたくさん出てきた時はすごく嬉しかったな…)さらっと読めるので、時間をかけずに読書体験がしたいという方に特におすすめです♩memo:出版社 リトルモア    著者 黒住光

以上、わたしの大好きな本を紹介しました♡

本って読むことに取り掛かるまでに時間がかかるんですが、いったん読み始めると止まらないーってなる現象は何ていうのでしょうか?(笑)
(お部屋の掃除的な??)

それでは、今回はここまでにします。
みなさんのおうち時間が素敵なものになりますように♡
いーちゃんでした☆

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加