9両以上の電気機関車が集結 秩父鉄道武川駅構内で撮影会 全機連結も!

9両以上の電気機関車が集結 秩父鉄道武川駅構内で撮影会 全機連結も!

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2021/09/15

入換後に全機連結

秩父鉄道と秩父観光興業は2021年9月15日(水)、武川駅(埼玉県深谷市)の構内で青に白帯塗装の秩父鉄道カラーをメインに数多くの電気機関車を集結させたツアー「秩父鉄道電気機関車大集合“武川駅構内撮影会”2021」を10月9日(土)と10日(日)に開催すると発表しました。

撮影会では車体塗装が青に白帯の電気機関車をメインに、現役電気機関車14機のうち9機以上が集結。撮影会の途中には電気機関車の入換を行い、見学・撮影も可能です。さらに展示の電気機関車を全機連結します。

No image

青に白帯塗装の秩父鉄道デキ300形302号機(画像:秩父鉄道/秩父観光興業)。

募集人員は各日100人(最少催行人員:各日30人)で、小学生以上が対象です。ただし小学生のみの参加はできず保護者の同行が必要なほか、中高生のみの参加には保護者の同意書が必要となります。

参加料金はひとり5000円(税込)。「電気機関車オリジナルクリアファイル」がもらえる参加特典があります。

申し込みは秩父鉄道のウェブサイトで受け付けます。期間は9月17日(金)の午前10時から9月30日(木)の17時まで。定員に達し次第受付終了となります。

秩父鉄道と秩父観光興業によると、撮影会当日は貨物輸送運休期間中で、武川駅構内に電気機関車を集結させることができることから本ツアーを企画したとのこと。なお、展示車両数は、都合により急遽変更となる場合があります。

乗りものニュース編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加