カワサキ KLX230R 2022年モデル発売、ローシート仕様も登場

カワサキ KLX230R 2022年モデル発売、ローシート仕様も登場

  • レスポンス
  • 更新日:2021/10/14
No image

カワサキ KLX230R S

もっと画像を見る
カワサキモータースジャパンは、オフロードレーサー『KLX230R』の2022年モデルおよびそのバリエーションモデル『KLX230R S』を12月1日より発売すると発表した。

KLX230Rは、公道仕様の『KLX230』と同時開発されたオフロード専用モデルだ。最高出力19psを発生する空冷4ストローク232cc単気筒エンジンを採用。低中回転域からの力強いトルクを実現し、シンプルな構造による高い信頼性も確保した。また、大きなサスペンションストローク(フロント250mm/リヤ251mm)と余裕のロードクリアランス(300mm)により、多様な路面状況にもしっかり追従できる高い走破性を確保。樹脂製タンク、アルミニウム製スイングアームなど、KLX230から各所をアップグレードし、車両重量115kgを実現している。2022年モデルはカラー&グラフィックの変更のみ。主要諸元に変更はない。

KLX230R SはKLX230Rの基本性能はそのままに、足つき性を高めたバリエーションモデル。サスペンションストロークをフロント220mm(KLX230R比-30mm)、リヤ223mm(同-28mm)に抑えることで、シート高を25mm低く設定。体格を問わず幅広いライダーが本格的なオフロードライディングを楽しめるモデルとなっている。

価格はともに52万8000円。

纐纈敏也@DAYS

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加