関根学園接戦制す、先発牧野が9被安打も1失点完投

関根学園接戦制す、先発牧野が9被安打も1失点完投

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/09/15
No image

最後の打者を打ち取った牧野は、雄たけびを上げる

<高校野球秋季新潟大会:関根学園4-1帝京長岡>◇14日◇3回戦◇柏崎市佐藤池野球場

関根学園が帝京長岡との接戦を4-1で制した。先発の牧野水樹(2年)が、低めの直球と得意の変化球を丁寧に使い分け、9安打を浴びながらも1失点。公式戦初完投勝利を飾り、チームを16強に導いた。北越は新発田農を10-3で下した。

◇   ◇   ◇

最後の打者を二ゴロに打ち取り、普段は物静かな背番号1が雄たけびを上げた。初回に2点の援護を受けた牧野は5回まで「0」を並べた。6回に1失点したものの、直球と縦に落ちるスライダーがさえ、最後までマウンドを守りきった。「尻上がりに調子が良くなった。得意の球でカウントが取れ、リズムに乗れた」。チームはエースの力投に応えようと、2-1の8回裏に尾身颯太一塁手(2年)のこの日2本目の適時打を含む3連打で2点を追加し、粘る相手を退けた。

朝から降り続いた雨の影響で試合開始は1時間20分遅れ、マウンドは水分を多く含んでいた。四死球4、被安打9と制球に苦しみながらも、要所を三振で抑えた。「接戦だったので、気持ちで負けないよう、全力で投げた」。安川巧塁監督も「最後まで牧野で行くと決めていたし、バッテリーでよく対応してくれたと思う。最後までよく投げてくれた」と力投のエースをねぎらった。

関根学園は16日、昨秋覇者の北越と8強入りをかけて戦う。牧野は「中1日で先発するかはわからないが、投げることがあったらしっかり0で抑え、試合を作りたい」と力を込めた。【小林忠】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加