G打線深刻...今月12試合中7度目2桁三振 3球三振が5度 丸は全4打席三振 岡本和70打席ノーアーチ

G打線深刻...今月12試合中7度目2桁三振 3球三振が5度 丸は全4打席三振 岡本和70打席ノーアーチ

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/10/16

◇セ・リーグ 巨人0―3阪神(2021年10月14日 東京D)

No image

<巨・神>9回1死、丸は空振り三振に倒れる(撮影・森沢裕)

巨人は今季カード最終戦となった阪神との“伝統の一戦”で14三振を喫してわずか1安打で敗れ、10戦勝ちなしの8連敗。9月2日に最大15あった貯金がとうとうゼロになった。巨人の貯金ゼロは4月12日以来185日ぶり。5日のヤクルト戦(神宮)から球団ワースト2位の9試合連続2得点以下で、零敗は今季13度目、2桁三振を喫するのは今月12試合で7度目となった。

貧打は深刻だ。前回対戦した9月25日(東京D)に13三振を喫してプロ初完封勝利を献上した阪神先発左腕・高橋の前にこの日も沈黙し、7回までに11三振を喫してわずか1安打。岩崎、スアレスにも完全に封じ込まれた。3番・丸は高橋に2度の3球三振を含む3三振。9回にもスアレスから空振り三振を喫し、全4打席三振となった。チーム唯一の安打は中田が5回先頭で高橋から放った左前打だったが、その中田も7回には高橋に3球三振。8回には代打・広岡が岩崎に3球三振しており、この試合で喫した3球三振は計5度となった。

主砲・岡本和も高橋に2三振するなど4打数ノーヒット。前夜の同戦では初回に先制の中犠飛を放って16試合ぶりとなる107打点目をマークしたが、これで9月24日の阪神戦(東京D)で38号3ランを打ったのを最後に17試合70打席連続ノーアーチとなった。

【巨人の9試合連続2得点以下】

▽10月 5日 ●2―3ヤクルト 8安打10三振

▽10月 6日 ●0―3ヤクルト 5安打12三振

▽10月 7日 ●0―1ヤクルト 4安打11三振

▽10月 8日 ●2―6広  島 8安打9三振

▽10月 9日 ●1―7広  島 6安打10三振

▽10月10日 ●1―3広  島 8安打10三振

▽10月12日 ●1―2阪  神 7安打5三振

▽10月13日 △2―2阪  神 5安打7三振

▽10月14日 ●0―3阪  神 1安打14三振

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加