楽天・浅村、平成生まれ初1500安打

楽天・浅村、平成生まれ初1500安打

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/06/11
No image

浅村が30歳の若さで通算1500安打を達成。控えめに記念のボードを掲げた (撮影・塩浦孝明)

(セ・パ交流戦、楽天6-2中日、3回戦、楽天2勝1敗、9日、楽天生命)楽天・浅村栄斗内野手(30)が史上130人目の通算1500安打を達成した。

「プロに入ったときは、ここまでできるイメージはしていなかった。(お世話になった)いろいろな人に感謝したい一日です」

一回は左前打。三回は先制の左前適時打。六回1死一塁の第4打席で、藤嶋から右前打。1試合3安打で、一気に大台に到達し、観衆8782人の前でメモリアルボードを掲げた。

西武2年目の2010年3月31日、ソフトバンク戦に代打でプロ初出場し、初安打&初打点をマーク。「覚えています」という一打から、12年間でこつこつと安打を積み上げた。

9日は2度の好機に凡退して、5打数1安打。ナイター後に居残り特打で午後11時頃までバットを振った。この日は、渡辺打撃コーチからアドバイスを受け「自分の打つタイミングを再確認できた」と結果につなげた。

主砲の活躍で、パ・リーグ首位のチームは交流戦1位に再浮上。石井監督は「素晴らしい記録。ほうっておけば、しっかりとやってくれるので頼もしい」と絶賛した。平成生まれで最も安打を放つ男は、「自分でも分からない領域」という通算2000安打を狙う。(広岡浩二)

試合結果へプロ野球日程へ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加