TVアニメ「EDENS ZERO」第16話の先行カットが到着。ハーミットの残酷な記憶が!

TVアニメ「EDENS ZERO」第16話の先行カットが到着。ハーミットの残酷な記憶が!

  • WebNewtype
  • 更新日:2021/07/20
No image

第16話「花火」より (C)真島ヒロ/講談社・NTV

TVアニメ「EDENS ZERO」第16話の先行カットとあらすじが到着しました。

第16話「花火」より

<第16話「花火」あらすじ>

正体を現したスパイダーによってシステムをハッキングされたエデンズゼロは、内部から破壊されてゆく。もはやシステムを正常化できるのはハーミットしかいない。だがハーミットはドレスファクトリーに閉じこもり、これを拒否する。「もう、どうでもいい……」と膝を抱え、15年前の過去を思い出していた。それは「人間と機械の友情」を夢見たハーミットの、最も残酷な記憶――。

第16話「花火」は、7月24日(土)24時55分より日本テレビを皮切りに、BS日テレなど各局で放送。

配信は、7月24日(土)25時35分よりNetflix・Huluにて先行配信。7月31日(土)25時35分から、その他の配信サイトでも随時配信されます。

また、オープニングテーマに起用されているL’Arc~en~Ciel『FOREVER』のAnime Edit が、7月25日(日)よりYouTubeで配信決定。アニメのノンクレジットオープニング映像も公開されます。

原作は、「週刊少年マガジン」で連載中の真島ヒロさんによる王道スペースファンタジー。機械の惑星グランベルで重力を操る能力を持つ少年シキが、仲間たちとともに心躍る大宇宙を冒険します。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加