ソフトバンク栗原が日本S最多タイ4安打、驚異8割

ソフトバンク栗原が日本S最多タイ4安打、驚異8割

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/22
No image

巨人対ソフトバンク 7回表ソフトバンク1死一、二塁、栗原陵矢は遊撃内野安打を放つ(撮影・前岡正明)

<SMBC日本シリーズ2020:巨人2-13ソフトバンク>◇第2戦◇22日◇京セラドーム大阪

ソフトバンク栗原陵矢捕手(24)が日本シリーズの1試合最多タイ記録の4安打をマークした。

1回に右前打を放つと5回も右前へ運び、7回は三遊間最深部への内野安打を記録。9回には大竹の内角速球に腕を折りたたみながら右前にはじき返した。前日21日の初戦は3打数3安打で豪快な先制アーチ。この日も勢いは止まらず固め打ち。打率は驚異の8割7分5厘だ。「シリーズ男」のにおいがプンプンと漂う。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加