新潟のキャプテンは3年連続で堀米悠斗が就任! 副主将の早川史哉とともに「メリハリのあるチームにしたい」

新潟のキャプテンは3年連続で堀米悠斗が就任! 副主将の早川史哉とともに「メリハリのあるチームにしたい」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2022/01/15
No image

22年シーズンのキャプテンは堀米(左)、副キャプテンは早川(右)に決定。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)、徳原隆元

アルビレックス新潟は1月15日、新シーズンに向けた「激励会」を実施。同日にトップチームのキャプテンと副キャプテンが発表された。

腕章を託されたのは、DF堀米悠斗。クラブの公式HPを通じて、以下のようにコメント。

「今シーズンもキャプテンを務めさせていただくこととなりました。3シーズン続けてキャプテンに任命いただいたことを光栄に思います。

今季は、よりメリハリのあるチームにしたいと考えています。ピッチの中では、これまで以上に厳しい空気を醸成し、積極的に意見をぶつけ合って、強さやたくましさ、勝利への執念を高めていきたいと思います。一方、ピッチを離れれば、選手同士が家族のような温かさを持って接することを継続していきたいです。

自分ができることに対して最大限に取り組んで、チームに貢献していきます。よろしくお願いいたします」

副キャプテンには、DF早川史哉が就任。コメントは以下のとおり。

「今シーズン、副キャプテンを務めさせていただきます。松橋監督、キャプテン堀米選手を先頭に、このクラブの「J1昇格」という目標達成に向けて、シーズンを通して戦い抜けるよう、自分自身が持っている力をすべて注ぎ込んでいきます。個人、チーム共にどんな困難にも立ち向かい、己を信じ限界を越えていける「メリハリのあるチーム」を表現していけるよう、一歩ずつ着実に進んでいきます。どんな時でも自分に、そしてチームに関わる人達に誠実に謙虚にあり続けたいと思います。よろしくお願いいたします」
早川を副キャプテンに指名したのは、主将の堀米。その理由を次のように明かす。

「早川選手のポジティブな思考や言葉はこのチームの模範であり、年齢差に関係なく誰とでも打ち解けられる力もあって、自分の拾いきれない声を拾ってくれると思っています。サッカーに対する姿勢はもちろん、素晴らしい人間性をチームのみんなが信頼しています。自分自身が中学時代から早川選手とプレーをしてきた間柄もあって、サポートをお願いしました」

学年は異なるが、ともに94年生まれのふたりが牽引するチームは、J1昇格という目標に向かって邁進する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】期待のルーキーを一挙紹介! 2022シーズンJクラブ内定の「高校・ユース&大学」の新卒新人をチェック!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加