宇宙から43億年かけて地球にきた隕石使用の腕時計「Moon Walker II」

宇宙から43億年かけて地球にきた隕石使用の腕時計「Moon Walker II」

  • MdN
  • 更新日:2021/02/22
No image

「Moon Walker II」

OVD事務局は、宇宙への憧憬を詰め込んだ腕時計シリーズ第4弾の「Moon Walker II」について、クラウドファンディングサイトGREEN FUNDINGに出品している。価格は本稿執筆時点で78,000円~(税込)。

本製品は、宇宙船をイメージしたボディに本物の隕石をあしらった腕時計。

隕石は宇宙空間を43億年かけて地球にたどり着き、スウェーデンで採取されたムオニナルスタという隕石を使用。

厚さ0.3mmにカットされて文字盤の下層に配され、独特で個体差のある自分の腕時計だけの模様を楽しめる。

No image

イメージ

また、流線型の天窓が付く時計ケースやバックル、ケースバックレンズが宇宙船のような流線型デザインで、ダイヤルの中央には、21mmのアルミニウム製の立体の月が浮かぶ。

この月にはスイスのスーパールミノバの発光コーティングが施され、暗闇の中で時間を確認する際は、月の光の高さと時計の針の影の位置から時刻がわかる。

No image

月の発光イメージ

時計のカラーは、時計ケースや針の色が異なる5種類(MAYA LUNER、NOVA LUNER、ZENO LUNER、DEAD LUNER、ARK LUNER)を用意。

レザーストラップは隕石の質感を表現したイタリア製で、艶なしでラフでワイルドなクレイジーホースレザーとクラックの入ったベルトの2種類が揃う。

サイズはケース直径:45mm、ラグ間の幅:51.6mm、厚み:19.8mm、ストラップ幅:22mm。

「Moon Walker II」
価格:78,000円~(税込)
URL:https://greenfunding.jp/kibidango/projects/4552
2021/02/22

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加