ジョン・レノンに続き...DAIGO 滝廉太郎も親戚だった「ちゃんと緊張感を持って生きよう」

ジョン・レノンに続き...DAIGO 滝廉太郎も親戚だった「ちゃんと緊張感を持って生きよう」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/02/24

ミュージシャンでタレントのDAIGO(42)が、23日放送の日本テレビ系「はじめまして!一番遠い親戚さん」(後7・00)に出演し、華麗なる家系のさらなる広がりに驚いた。

No image

DAIGO

出演者の家系図をひもといて、遠い親戚の有名人を探る番組。昨年2月の放送では、歌手・加山雄三や俳優・千葉雄大、オノ・ヨーコ、ジョン・レノン、さらには西郷隆盛や三島由紀夫ら、政界や文化・芸術分野まで幅広い著名人がDAIGOの遠い親戚にいることが判明していた。

この日はさらに家系図を深掘り。DAIGOから12親等にあたる、父方の親戚に「荒城の月」で知られる作曲家の滝廉太郎がいたことが分かった。MCの相葉雅紀(38)から「まだまだ隠し持っていましたね」と振られると、DAIGOは「正直、MA。まだ、あった」とDAI語で驚きを表現した。

お笑いタレント陣内智則(47)は「お母さん方にジョン・レノンでしょう?お父さん方に滝廉太郎でしょう?『BREAKERZ』ってもっと評価されなあかんと思う」と、DAIGOがボーカルを務めるロックバンドを引き合いに笑わせた。

次々に親戚と判明する偉人たちに、DAIGOは「ちゃんともっと生きようと思いましたね。こんなすごい方々が親戚にいたんだというので、ちゃんとしっかり、緊張感を持って生きようと」とまじめに決意を語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加