【MLB】大谷翔平、Aロッド&オルティスが対談で脱帽「独身で来たのが凄い。俺なら疲れちゃう」

【MLB】大谷翔平、Aロッド&オルティスが対談で脱帽「独身で来たのが凄い。俺なら疲れちゃう」

  • THE ANSWER
  • 更新日:2021/10/14
No image

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

米番組で共演、Aロッドは「彼がMVPだと思う」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季、二刀流の活躍でア・リーグMVP最有力候補に挙がっている。打っては46本塁打、投げても9勝を記録するなど歴史的シーズンを送った大谷について、レジェンド2人も絶賛を送っている。ヤンキースなどで活躍したアレックス・ロドリゲス氏と、レッドソックスなどでプレーしたデービッド・オルティス氏。米ポッドキャスト番組で「私は彼がMVPだと思う」「投打で残した数字にWOWと思った」などと脱帽していた。

米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリスト、ベン・バーランダー氏がホストを務めるポッドキャスト番組「フリッピンバッズ・ポッドキャスト」に出演した2人。MLB通算226勝をマークしているジャスティン・バーランダーを兄に持つベン氏から話を振られると、Aロッドは「私は彼の大ファンだ」と発し、こう続けている。

「若い男が独身で日本から米国に来た。それが凄いことだ。俺ならとても疲れてしまうよ。彼はインクレディブルなシーズンを送った。親しいファミリーや兄弟がいるのかと思ったが、彼は独身だ。そういう状況での国際的な挑戦が1番凄い。次に打席の中で11球も相手に投げさせたりもする。25試合に先発しながら打者としても出場するのは肉体的にも精神的にもかなり準備が必要なことで、想像できる?」

この言葉に、オルティスも「独身じゃないとできないね」と反応。Aロッドは続けて「そうだね(笑)。それか結婚が上手くいっているか。その中間では無理。とにかく私は大ファンだ。レアだからね。ベーブ・ルースができなかったことや、ベーブ・ルースと比べられるなんて。だから私は彼がMVPだと思う」などと語った。

オルティスも「俺も最近の野球界にとても感動している。オオタニがシーズン最後まで戦い、投打で残した数字にWOWと思った」と脱帽。ヤンキースなどで活躍したロドリゲスは、通算696本塁打に本塁打王5度、シーズンMVP3度などを誇るレジェンド。一方のオルティスも541本塁打を誇り、ビッグ・パピの愛称で知られる強打者だ。あわせて1237発を放っている2人も、大谷の今季の活躍は認めている様子だった。(THE ANSWER編集部)

THE ANSWER編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加