HiHi Jets・猪狩のジャニー氏と○○体験にメンバー驚嘆!  Travis Japan・松倉はハトにも気を使う!?【ジャニーズJr.チャンネル週報】

HiHi Jets・猪狩のジャニー氏と○○体験にメンバー驚嘆! Travis Japan・松倉はハトにも気を使う!?【ジャニーズJr.チャンネル週報】

  • サイゾーウーマン
  • 更新日:2020/11/23
No image

ジャニーズ事務所が動画配信サイト・YouTubeに開設した「ジャニーズJr.チャンネル」。現在、少年忍者(水曜)Travis Japan(木曜)7 MEN 侍(金曜)美 少年(土曜)HiHi Jets(日曜)がオリジナル動画を投稿中だが、その出来ばえは実にさまざま。そこで、「しょせんジャニオタ向け」と切り捨てるにはもったいない動画と、「ジャニオタでもしんどい」動画をジャニーズウォッチャー・中村チズ子が解説&ツッコミ! 今回は、11月12日~18日公開の動画を注目度順にチェックします!

HiHi Jets・猪狩、入所前にジャニー氏と○○していた!

15日に更新されたのは「HiHi Jets【入所日秘話】ジャニーズ入所後の年表作ってみた!」(再生回数は20日時点で32万台)。10月期ドラマ『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』(日本テレビ系)に高橋優斗が出演しているほか、井上瑞稀も現在放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)に抜てきされるなど、個々の活動が増えているHiHi Jets。概要欄に「テレビで出ていた僕らを見て、あの子は誰?ってなった時にググったりしたら、このHi-Tubeにたどり着くと思うんです。…そんな時に、この年表企画を見てくれたら、僕らのことが丸わかり!」と説明がある通り、今回は「HiHi Jets的年表を作ろう」という企画だ。

まずは、ジャニーズ事務所に入所した日をメンバー別に振り返っていく。最も古株なのは橋本涼で、「自分でも(入所日を)理解してなかったんだけど、今年判明したんだよね。ジャニーさん(ジャニー喜多川前社長)から、手紙みたいのが届いたの、家に。当時ね。『ここの会場で何時にオーディションがあるので来てください』みたいな。今思うと、字を見ると、あぁジャニーさんだなって感じがするの。直筆なの。それをコピーして、事務所の方が。その日付が(2009年)7月19日かな」と振り返った。

なお、「Jr.チャンネル」では7 MEN 侍の動画「【ジャニーズオーディション必勝法】知られざるエピソードが連発!!」(10月30日)「【僕たちがジャニーズに入った理由】ラジオ企画でドッキリも!」(11月6日)で、知られざるオーディション秘話が明らかになったばかり。HiHi Jetsメンバーの口からも、事務所の連絡方法は手紙、電話、FAXがあること、審査がどのように行われているのか、“オーディションあるある”など、貴重な情報がポンポンと出てくるのだ。

作間龍斗は13年2月入所で、オーディション会場は『ジャニーズワールドの感謝祭 in TOKYO DOME』のリハーサルだったそう。「その日じゃなかったんだけど、“水着隊”ってあるじゃない。水着Jr.に俺も選抜されてたのよ。結局、なくなっちゃたんだけど。そのリハーサルの時に、はしもっちゃんとか瑞稀くんがいたのよ」「瑞稀くんと確か話したんだよね。『お疲れ様です』みたいな。『もう3年やってるんだよ~』っていう話を聞いて。えー、もう3年もやってるんだっていうのを覚えてる」と回顧。

これを受け、井上は「ちょうど2010年から俺、水着Jr.だったの」と前置きしつつ、「小学だって、3~4年生は恥ずかしいよ。大勢の女の人の前で……」「マジで恥ずかしいから、あんなの!」とぶっちゃけた。そんな水着Jr.といえば、かつて夏のジャニーズコンサートなどで定番となっていたものの、特に近年は“少年の裸”をお客さんに晒す点について問題視する声もあり、Jr.ファンの間でもこの演出は賛否を呼んでいる。実際、本人たちも水着Jr.としてステージに立つことに、抵抗があったのだろう。加えて、橋本は「笑顔でやってないと、振付師さんに『テメー、笑え!』って(怒られる)。『はい!』みたいな」と、裏事情を暴露した(もはやパワハラの域……)。

かたや、ローラースケートの腕を買われた猪狩蒼弥は、唯一のオーディション未経験者。ジャニー氏にスカウトされたため、入所日は「声をかけてもらった日」である13年6月28日だと申告。パークでローラースケートの練習をしていた際、スタッフ、父親経由で入所の打診があったとか。「でも俺ね、ジャニーさんに初めて会ったのここじゃないんだよね。2012年かなんかに(舞台)『JOHNNYS' World -ジャニーズ・ワールド-』やってたでしょ。俺そこ見に行ってるんだよね。ジャニーさんがやっぱりローラースケート業界とさ、結構仲良いじゃん。光GENJIさんとかもあって。その知り合いの方に『ちょっと舞台見に行こう』って言われて、『JOHNNYS' World』一回見に行ってるの。そこで(ジャニー氏に)メロンソーダおごってもらったの。初めて」と語り、その後も衝撃的なエピソードが続く。

「2週間後ぐらいに、また行ったんだよ、俺。その時はマジで覚えてないけど、また誘われて行ったの。もう一回行ったら、今度は楽屋でうどんとってもらった。で、それを社長と一緒に食ったの。(事務所にはまだ)入ってないし、別にジャニーさんって知らないから」と、なにもわからないままうどんを食べていたようだ。メンバーもここまで詳しく聞いたことはなかったのか、「へー!」と何度も驚いており、「エリートだよ」(橋本)「その時、ジャニーさん、たぶんもう気にしてたよね」(高橋)と、パークでスカウトするよりも前にジャニー氏が猪狩に目をつけていた可能性を指摘した。

15年5月2日に入った高橋は、それまで野球一筋の生活を送ってきたが、「どっちにしろ(オーディションを)受けたってことはバレそうだったから、地元の人たちに。ネタにできるように、俺ジャニーさんと1回だけ話しておこうと思って。ジャニーさんに、なんか『うぃっす』みたいな……」と、自ら社長に接近したという。ベテランの井上ですら、「スッゲー! バケモンやん!」「記念でジャニーさんとしゃべるやつ、俺初めて聞いた」と、高橋の大物ぶりに驚愕した。

そのほか、ジャニーズに興味を持ったきっかけ、“履歴書の写真で野球のユニフォームを着ていると受かりやすかった”との都市伝説に言及。今回取り上げた5組の中ではダントツで見応えのある動画であり、ジャニーズファンは必見の1本だ。予想以上に話が盛り上がったため次週に続くとのことで、後編にも期待が高まる。

Travis Japanの動画は、通常回の「【水溜りボンドとコラボ】リアルな物でしりとりしたら…」(12日)と、プロモーションの「【柔軟王選手権】色んな意味で…柔らかいのは誰だ?」(16日)の2本が配信されている。1本目は、前週に続いて人気YouTuber・水溜りボンドとのコラボレーション動画。Travis Japanの7人と、水溜りボンド(トミー、カンタ)が“水溜りハウス”で、「ものしりとり」を行っている。言葉ではなく現物を持ってくるしりとりゲームで、一人あたりの制限時間は30秒以内。初訪問だけに、勝手がわからないTravis Japanにとっては不利な戦いかと思いきや、発想力・記憶力をフルに発揮して、大健闘を見せていた。

一同のドタバタぶりが見どころとなっている中、個人的に気になったのは松倉海斗の“思いやり”。トミーがかなりリアルな作りの鳩らしき「とりのおきもの」(7分45秒~)を持参した後、「これめっちゃキモいんすよ」「嫌いなんで」(トミー)とこぼすと、宮近海斗は「松倉も……」と、話を振った。トミーが「鳩ヤバくないですか!?」と聞いたところ、「僕も鳩、ビックリしますね」と松倉。これに周囲がざわついた際、松倉は「いや、なんか『嫌い』とか言うと、アレなのかなと思って……。ビックリします」と、補足したのだ。ハトに関するコメントまで気を使うという、松倉の優しい性格が垣間見えた瞬間だった。

コメント欄では水溜りボンドのファンから「走る、鳩を持つトミー、ほかの人をツッコんでイジるカンタという珍しい2人を見せていただきありがとうございます」「Travis Japanの皆さん、優しくてかっこよくて、可愛くて癒やされた」「なんて平和なコラボ……メンバーもファンの皆さんも優しい方ばかりで心がポカポカしました。ぜひまたコラボしてください!」「水ボンのおかげでTravis Japanメンバーのこと少しずつ覚えてきた」と、好意的な声が寄せられている。

2本目は、花王株式会社の柔軟剤「AYUSシリーズ」のPR企画。「Travis Japan柔軟王決定戦」と題し、立位体前屈をはじめ、開脚あめ玉探しなどに挑んでいる。最後のリンボー対決では、一部メンバーが「Snow Man【柔軟王選手権】一番身体が柔らかいのは誰だ?」(2019年8月26日公開)でのSnow Man・目黒蓮の記録超えに挑戦。もっとも体が柔らかかったのは誰なのか、ぜひ動画で確認してほしい。再生回数は1本目が36万台、2本目は41万台(20日時点)。

13日の動画は「7 MEN 侍【外国語で空耳】あなたには何て聞こえます?」(再生回数は20日時点で17万台)。6人で“空耳”がテーマのボードゲーム「ホッタイモイジンナ」をプレイしている。ゲームの進め方は、ウルドゥー語(インド北部などで使用されている言語)、テルグ語(こちらはインド東南部など)、タイ語が書かれたカードを出し、専用アプリを使って言語カードの発音を聞くという流れ。それぞれ、どんな日本語に聞こえたのかを発表し、ほかのメンバーとワードが被っていた場合はポイント獲得となる。音声が鍵の企画とあって、イヤホンでの視聴をオススメしたい1本だ。

ゲーム中は、自分が聞こえたフレーズと6人の解答を照らし合わせながら楽しめるほか、「はなげがむきみ」「鼻毛パイ耳」など、珍妙な言葉の数々についつい笑ってしまう。一方、グループ内でも微妙な距離感の佐々木大光×本高克樹コンビのファンにとってはうれしいシーンも。2人といえば、「【メンバーへの想い】本音で語る…キャンプファイヤー!」(昨年11月22日公開)で、佐々木が本高との過去の関係性について「嫌いだった」「普段のプライベートでさえも気まずかった」と明かし、話題となった。今回、ある問題で解答が揃い、今野大輝が「仲良いんだ、やっぱ」(8分43秒頃)とイジると、佐々木は「お前、言うなよ」と、照れ笑いを浮かべたのだった。

ちなみに、この動画はカードを提示、アプリで音声を再生、個々の答えを確認……と、展開自体は同じことの繰り返し。筆者は正直に言って11分の動画を見終わるまでに飽きてしまい、個人的なピークは6分頃までの「よんせんじゃんけんぽん」だと感じた。とはいえ、ファンからは「空耳ワードが面白すぎるし、みんなが発音をマネしてるのも可愛かった」「今回の動画、7 MEN 侍がずっと笑ってて私も幸せ!」「だかさんと解答が同じになって、ちょっと照れてる大光ちゃんが可愛くて何回も見てる」「この企画、面白かったから第2弾待ってる」「解答が個性的すぎてずっと笑ってた。やっぱり『よんせんじゃんけんぽん』が今回のハイライトだね」と、絶賛のコメントが相次いでいる。

14日の動画は、岩崎大昇の持ち込み企画「美 少年【チキンレース】大昇の逆襲…本当のチキン野郎は他にいる!!」。過去に公開された「【大冒険】渓流をジャンプ!ダイブ!ロープでシュー!」(昨年6月29日)「【ドッキリ罰ゲーム】バンジージャンプで衝撃の結末!」(同11月2日)の撮影における言動をきっかけに、スタッフやメンバーから「チキン」(臆病者)と、イジられ続けてきた岩崎。今回はそんな彼が「本当に俺だけがチキン?」「ほかに俺はチキンがいることを知っているんです。今日はそいつをあぶり出そうと思ってます」と切り出し、美 少年内の“本当のチキン野郎”を決めるとのこと。

そこで、6人が「100デシベルを目指せ」「検索チキンレース」「イスでチキンレース」の3番勝負にチャレンジ。最下位のメンバーは1カ月間、名前のテロップの横に「美 少年イチのチキン野郎」と紹介される罰ゲーム付きだ。岩崎が名誉挽回できたのかどうか、今動画でチェックしてほしい。なお、動画の冒頭では岩崎が「私、車の免許を取りました!」と報告し、メンバーは「おめでとう~!」と祝福。「いつもだったら、『取った、取った!』って言ってたけど。言うの忘れてたわ。スゴい一人でしゃべってる先生がいるんですよ」(岩崎)と話すと、同じく免許取得済みの浮所飛貴は「たぶん同じ先生だわ!」と、食いついていた。

この告白に対し、「大昇、運転免許取得したの!? 忙しいのにスゴいね。おめでとう~!」「大昇くん、忙しい中でも免許取っててスゴい。尊敬する」「大昇くん、車の免許取ったの!? いつそんな時間あったの?」「浮所くんに続いて大昇も免許取得か~。いつかYouTubeでドライブ企画が見たいな」「大昇くんが運転するところが見たいから、6人のドライブ企画待ってます!」と、驚きの反応とともにお祝いのコメントが多数上がっていた。

また、「Jr.チャンネル」のTwitterでは、通常の午後8時より早い午後7時16分に更新を報告している。同日8時開始の『池上彰のニュースそうだったのか!!』(テレビ朝日系)に浮所が出演していたため、時間が被らないように……というスタッフ側の配慮とみられる。再生回数は20日時点で21万台。

18日の動画は「少年忍者【ダンスしりとりは潰し合い?】得意のアクロバットも披露!」。「【ダンスしりとり】僕たちジャニーズですから…踊れます!?」(8月12日公開)企画に続く第2弾で、今回の参加メンバーは、青木滉平、稲葉通陽、内村颯太、北川拓実、豊田陸人、深田竜生の6名。進行役は初めて北川が担当し、比較的に大人しい稲葉、青木、豊田がいる一方、タイプの異なる天然なキャラクターの内村&深田という、新鮮な組み合わせも面白い。

ダンスしりとりとは、前の人が披露した振り付けを覚えて、どんどんダンスをつなげていくもの。過去に「Jr.チャンネル」でTravis Japanや7 MEN 侍らが挑戦したが、徐々に増えていくダンスを覚えられず、どのグループも苦戦してきた。少年忍者の第2弾は、タイトルに「ダンスしりとりは潰し合い?」と入っているように、バク転、アクロバット、細かい動きなどを取り入れ、次の人を“落とし込む”メンバーが続出。なかなかクリアできず、最終的には「1+1は2~!」「2+2は4~!」と、もはやダンスとは言えない斬新な発想も。16分20秒頃は、青木らしき声の主が「マジで教育番組」と、ツッコんでいた。再生回数は20日時点で14万台。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加