ロシア炭鉱事故、死者52人に メタンガス爆発か

ロシア炭鉱事故、死者52人に メタンガス爆発か

  • ロイター
  • 更新日:2021/11/26

[モスクワ 25日 ロイター] - ロシア・シベリアの炭鉱で25日発生したガス漏れ事故による死者は、少なくとも52人に達した。現地メディアが報じた。うち6人は地下に取り残された人の救出作業に当たったレスキュー隊員だという。

No image

11月25日、ロシア・シベリアの炭鉱で発生したガス漏れ事故による死者は、少なくとも52人に達した。現地メディアが報じた。うち6人は地下に取り残された人の救出作業に当たったレスキュー隊員だという。写真は同日、救出活動が続けられるケメロボ州の現場(2021年 ロイター/Alexander Patrin)

タス通信によると、事故が発生したのはモスクワの東方約3500キロに位置するケメロボ州のリストバシュナヤ鉱山。当局によると、換気シャフトにガスが充満し、作業員が窒息したとみられる。国営テレビは、検察当局がメタンガスが爆発したとの見方を示していると報じた。

また当局は、同鉱山の責任者ら3人を安全規則違反の疑いで逮捕したと発表した。

当局によると、事故当時、坑内には約285人がいたが、少なくとも239人が地上に脱出した。このほか数十人が病院で治療を受けており、4人が危険な状態にある。

*写真キャプションの誤字を修正して再送します。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加