高木美帆が優勝 リンク記録更新もまだ進化途中

高木美帆が優勝 リンク記録更新もまだ進化途中

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/11/22
No image

表彰式で笑顔を見せる(左から)2位の小平奈緒、優勝の高木美帆、3位の山田梨央(代表撮影)

「スピードスケート・全日本選抜八戸大会」(21日、YSアリーナ八戸)

女子1000メートルが行われ、18年平昌五輪銅メダルの高木美帆(26)=日体大職=が1分14秒89のリンクレコードで優勝した。

高木美が充実ぶりをみせつけた。前半はゆっくりと入ったが、後半は力強い伸びをみせて、リンク記録を更新。それでも「100%は出し切れない」と、まだまだ進化の途上だ。昨年までは無尽蔵なスタミナで複数種目をこなしてきたが、今季はレースを絞ってしていく方針。「年齢も重ねてきている。バランスをみながら」。22年北京五輪プレシーズンを見据え、足場を固めている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加