『薔薇王の葬列』第18話、アンが悪魔の宴でリチャードの秘密に迫る!

『薔薇王の葬列』第18話、アンが悪魔の宴でリチャードの秘密に迫る!

  • アニメージュプラス
  • 更新日:2022/05/14
No image

2022年1月9日(日)より放送・配信中のTVアニメ『薔薇王の葬列』、その第18話の先行カットとあらすじが到着した。

また、古川慎がナレーションを務める動画『1分くらいで分かる「薔薇王の葬列」 ~リチャード戴冠編~」』も登場。さらに「薔薇王の葬列 メモリアルアイテム【ケイツビー】」の情報も公開された。

『薔薇王の葬列』は、『月刊プリンセス』(秋田書店)で連載中の菅野文による同名漫画を原作とするTVアニメ。

舞台は中世イングランド。白薔薇のヨークと赤薔薇のランカスターの両家が王位争奪を繰り返す薔薇戦争時代……。ヨーク家の三男・リチャードにはある秘密があった。それは、男女両方の性を持つということ。己を呪うリチャードは残酷な運命に導かれ、悪にも手を染めていくが……!? シェイクスピアの史劇『ヘンリー六世』『リチャード三世』を原案に描かれる運命のダーク・ファンタジーだ。

第18話は2022年5月15日(日)より順次放送・配信開始。

あらすじ、先行カットはこちら!

<第18話 「Your name.」>

夜、バッキンガムの部屋からリチャードが出てくる様子を目撃してしまうアン。

アンはケイツビーに「貴方は誰より彼を知っている。隠していることがあるなら教えて」と迫る。

アンは、リチャードの秘密を知るため、”悪魔の楽園” という宴の席で、リチャードが女装を、アンが男装をする提案をする。

アンの思惑をよそに宴は盛り上がり、二人は民衆の中に紛れてしまう。

そしてそこに現れたのは、悪魔の仮装をしたバッキンガムだった。

No image
No image

<スタッフ>

脚本:内田裕基  絵コンテ:鈴木行  演出:田中瑛

総作画監督:小森篤、前田ゆり子

作画監督:大原大、彭佩琦、長谷川眞也、スタジオギガ、dog wood

>>>『薔薇王の葬列』第18話先行カットその他を全部見る(画像29点)

また2022年5月8日(日)23:00より、第18話のオーディオコメンタリー付き都度課金配信もスタートする。第18話オーディオコメンタリーには、斎賀みつき(リチャード役)、杉田智和(バッキンガム役)、鈴代紗弓(アン役)が出演。

オーディオコメンタリーなしの見放題配信、都度課金配信<通常版>も同時スタートとなる。

第18話に向けて、『1分くらいで分かる「薔薇王の葬列」 ~リチャード戴冠編~』が公開。

ナレーションは本作第1クール・第2クールのOPテーマを歌う古川慎が担当。

リチャードが王冠を手にするまでの歩みを1分くらいで振り返る映像となっている。

ケイツビーのメモリアルアイテムも情報公開。ヨーク家を守り、リチャードを守り続けてきたその剣をモチーフにした、ペーパーナイフがメインとなっている。受注限定生産。

ちなみに、メモリアルアイテムの情報が物語退場より先になるのは、今回のケイツビーが初である。

(C)菅野文(秋田書店)/薔薇王の葬列製作委員会

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加