デヴィ夫人がウクライナ入り 防寒具、おむつなど支援物資届ける

デヴィ夫人がウクライナ入り 防寒具、おむつなど支援物資届ける

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2023/01/26
No image

"ウクライナ入りしたタレントのデヴィ夫人(中央)=本人のブログから"

ロシアの侵攻を受けるウクライナをタレントのデヴィ夫人(82)が訪れ、防寒具や薬など市民への支援物資を届けた。自ら設立した特定NPO法人「アース・エイド・ソサエティ」などの活動の一環で、所属事務所などによると、警護を受けながら首都キーウに滞在しているという。

【写真】ロシアが侵攻した翌々日のキーウ駅。退避するために多くの人が集まっていた

デヴィ夫人は20日に日本を発って、同国に入った。ロシア軍によるインフラへの攻撃で電力不足が深刻になる中、使い捨てカイロや防寒肌着を支援。おむつや止血帯などの日用品も届けたという。

持ち込めるだけの物資を手持ちで携えて行ったほか、船便でも送っているという。デヴィ夫人はロシアの侵攻後、東京にあるウクライナ大使館にも寄付金を届けている。

日本政府はウクライナ全土に退避勧告を出しており、松野博一官房長官は24日の記者会見で「どのような目的であれ、同国への渡航は止めていただくよう勧告している」と述べた。松野氏の発言について、デヴィ夫人の所属事務所は「コメントすることはありません」としている。(日高奈緒)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加