【MLB】大谷翔平、二塁内野安打で3戦連続安打 トラウト休養日も打線牽引、16号なるか

【MLB】大谷翔平、二塁内野安打で3戦連続安打 トラウト休養日も打線牽引、16号なるか

  • フルカウント
  • 更新日:2022/06/23
No image

エンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】

本拠地・ロイヤルズ戦に「2番・投手兼DH」で投打同時出場

■エンゼルス ー ロイヤルズ(日本時間23日・アナハイム)

エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、本拠地・ロイヤルズ戦に「2番・投手兼DH」で投打同時出場した。3回の二塁内野安打で3試合連続安打をマークした。

初回1死は四球で出塁。左腕リンチから結果を出したのは3回2死だ。遊撃・ウィットJr.がグラブではじく間に一塁を駆け抜け、二塁内野安打とした。暴投で二塁まで進んだが、得点には繋がらなかった。

前日21日(同22日)の同戦では2発を含む3安打で自己最多8打点をマークした。この日は主砲トラウトが休養日。2試合連発となる16号本塁打に期待がかかる。

投球では3回まで6奪三振2安打無失点と試合を作っている。6勝目を挙げ、連敗ストップとなるか。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加