大阪人が教えるホンマにええ店 第9回 行列店のお好み焼きが食べられる穴場店

大阪人が教えるホンマにええ店 第9回 行列店のお好み焼きが食べられる穴場店

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/07/01
No image

大阪に出張に行ったら、お好み焼きを食べたい! そんな気持ちをお持ちの方も多いだろう。しかし、どこに行けばいいかわからずガイドブックに目を通したはいいが、行列…なんてこともしばしば。しかし、そんな人気店の味が並ばずに食べられる穴場がJR大正駅前にある「大正お好み屋 ままま」だ。

極厚なのに柔らかくてジューシー! 「とんかつ神楽坂さくら」のヒレステーキかつにかぶりついた

大正といえば聞き馴染みのない人も多いと思うが、心斎橋駅からOsaka Metroで4駅、天王寺駅からJR環状線で同じく4駅と約10分程度でアクセスできる。出張でも出向くことは少ないかもしれないが、京セラドームまで徒歩10分の場所なので、出張ついでに野球観戦して大正で晩御飯というコースもありだ。
○お好み焼きとトーク、ザ・大阪な時間が体験できる

「大正お好み屋 ままま」はJR、Osaka Metro大正駅から徒歩2分のビルの2階、「大正おもてなし酒場」というミニ横丁内ある。店内はカウンター6席と鉄板があるテーブル席、さらに立ち飲みブースも用意されている。店主は宮崎誠彦さん。実はこの店主こそが道頓堀の行列店で修業し、その味をさらに独自に進化させた鉄板焼きを食べさせてくれる。加えて、大阪は泉州出身であることから、コテコテの関西弁で面白トークを繰り広げてくれ、カウンターを陣取ると、巧みなてこさばきで焼く料理と軽妙なトークで、ザ・大阪な時間を体験させてくれるのだ。

○お好み焼き! の前にビールとつまみで喉を潤す

まずは、お好み焼き! といきたいところだが、アテをつまみながらビールで喉を潤し、締めのお好み焼きへの心の準備を。ビールはサッポロの黒ラベル、そのビールに合うオスメメの肴が、女子社員のおつまみ(1人前税別330円)だ。薄い生地にチーズとネギを混ぜて焼いたもので、カリッと焼き上げられた生地の中から、もっちりとしたチーズが押し寄せる。醤油ベースのタレの味も広がり、ビールが進むこと請け合い。塩こぶとモッツァレラチーズを入れた、定番のおつまみである「部長のチーズ(1人前税別420円)」に対抗して作られたそうだが、まさに、女子社員も悶絶のおつまみだ。名前の由来は直接宮崎さんに確認を。

続いてのおすすめは、トンテキ(1人前税別680円)。自慢の分厚い鉄板で豚肉を焼いたシンプルなものだが、噛むと広がる豚肉の脂の旨味がたまらない。そして、豚の脂がニンニク醤油にコクを加えて、またビールを誘う。ビール、豚肉、ビール、豚肉、このループが永遠に続けばいいのに、と思わせる最強の組み合わせだ。

○すすめられるがままに、ねぎ焼きに浮気

ほろ酔い気分になったところで、お待ちかねのお好み焼きを注文、と思いきや、宮崎さんが「うちはねぎ焼きが一番のおすすめです」と。「こんなところで浮気なんて……」とも思ったが、「郷に入れば郷に従え」という言葉がふと頭をよぎり、大本命のお好み焼きを断念、ねぎ焼き(1人前税別850円)を注文。相も変わらず目の前で手際よく焼いてくれ、あれよあれよとでき上がり。ちなみにねぎ焼きとは、ざっくり言うとお好み焼きのキャベツをネギに変えたもの。ソースの代わりに醤油ダレを塗って食べるのだが、醤油が鉄板に落ちてジュっと焦げる香ばしい香りも醍醐味だ。ネギを細かく切って生地に入れる店が多いなか、こちらでは約3cm程度と大きく切って入れているため、ネギの食感と甘みが存分に感じられる。甘辛い醤油タレもバランスがよく、出張で浮気した自分に後ろめたさを感じながらも、あっという間に一枚を完食してしまった。

「大正お好み屋 ままま」ではねぎ焼き以外にも、お好み焼き(豚玉1人前税別850円)はもちろん行列店の味を継承する山芋焼き(1人前税別1,300円)など味は多彩。金土だけ登場するアテもあり、いつ行っても楽しめる。そして何より大正というローカルエリアだけに、長時間並ぶ必要もなく入れる(決して暇というわけではないので誤解しないでください)のも魅力。ミナミやキタの都心もいいが、大正まで少し足を延ばしてはいかがでしょうか。

●Information
「大正お好み屋 ままま」
大阪府大阪市大正区三軒家東1-17-33 2F
11時30分~14時、17~23時、土日14~23時
不定休

エフィール

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加