わたしに合うかどうかはわたしが決める! 機能性に圧倒的な自信を持つスポーツウェアのブランディング動画

わたしに合うかどうかはわたしが決める! 機能性に圧倒的な自信を持つスポーツウェアのブランディング動画

  • PR EDGE
  • 更新日:2022/09/23

米カリフォルニア州に拠点を置く女性向けスポーツウェアブランドのCALIAは“Fitness apparel designed for your life(あなたの人生を豊かにするためにデザインされたフィットネスアパレル)”というコンセプトに基づいて企画したCMを公開しました。

どんな身長やどんな体型であっても抜群のフィット感を誇るラインアップが用意されているというメッセージを“I Choose What Fits(わたしに合うかどうかはわたしが決める)”というキャッチコピーで表現した動画は、メーカー目線からユーザー目線に視点を切り替えることでより説得力を持った内容に仕上がっています。

「CALIAを愛用するわたしたちは、わたしたちだけのペースで、わたしたちだけのやり方でトレーニングをする。わたしたちの身体にぴったりと合ったフィット感で、軽やかに、風のように動く」というナレーションではじまると、女優のDascha Polanco、ゴルフジャーナリストのAlexandra O’Laughlin、起業家のHannah Bronfmanや体操選手のShawn Johnson Eastなど、さまざまな業界で活躍するフィットネスに熱心な女性たちがCALIAを着用している様子が紹介しています。

No image
No image
No image

「ジムで破けない強靭さと、普段の暮らしをしていても心地よいしなやかさを備えた、わたしだけのために生まれた服。どこで何をしていようが、わたしに合っているかどうかを決めるのは、いつだってわたし自身」というフレーズで動画は終わり、通常であればブランド側がユーザーに対して投げかけるような訴求ポイントをあえてユーザー側に委ねることで、デザインだけでなく機能性に対する圧倒的な自信を持っていることをアピールしました。

No image
No image
No image

その他のブランディング事例についてはこちら https://predge.jp/search/post?genre=27 会員登録、メルマガの受信設定はこちら https://predge.jp/

PR EDGE編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加