ヤクルト、1位指名は早大・早川が最有力 最多9球団競合も!?

ヤクルト、1位指名は早大・早川が最有力 最多9球団競合も!?

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/10/18

ヤクルトが、26日に開催されるドラフト会議の1位指名候補として早大の最速155キロ左腕、早川隆久投手(22)を最有力に挙げていることが17日、分かった。セ・リーグ最下位に沈み、12球団ワーストのチーム防御率4.81と投手力の強化が急務な中、東京六大学リーグで11勝を挙げる大学ナンバーワン投手に白羽の矢を立てた。23日からの3日間で行うスカウト会議でシミュレーションなどを行い、指名選手を最終決定する。

チーム再建へ、最速155キロ左腕の指名に動く。ヤクルトが26日のドラフト会議で、早川を1位指名の最有力候補としていることが判明した。

早川は千葉・木更津総合高のエースとして甲子園に3度出場し、早大に進学。1年春からヤクルトの本拠地・神宮球場を舞台に東京六大学リーグで活躍し、今秋のリーグ戦では4試合で3勝0敗、防御率0・34と圧倒的な数字を残す大学ナンバーワン投手だ。

今年のドラフト会議では近大のスラッガー、佐藤輝明内野手と双璧をなす注目株。既に公表しているロッテを含めて最多9球団が1位指名で競合する可能性があり、抽選は確実な状況となっている。

ヤクルトにとって、投手陣の再建は急務だ。現在セ・リーグ最下位で、14日には5年連続のV逸が決定。特にチーム防御率4・81は12球団ワーストと大きな課題になっている。先発左腕には開幕投手を務めた40歳の石川、期待の高卒5年目・高橋がいるが、まだまだ手薄。早川は、まさに補強ポイントに合致する。

9月下旬のスカウト会議では、即戦力投手を1位指名する方針を確認。小川ゼネラルマネジャー(GM)は「今年、即戦力のピッチャーというのは明確になっていると思う。そういう中の候補を、これからさらに絞っていくことが必要だと思う」と説明する。即戦力投手としては、トヨタ自動車・栗林良吏(りょうじ、24)、慶大・木沢尚文(22)もリストアップしている。

23日からスカウト会議を3日間にわたって開く予定で、ドラフト前日の25日には高津監督も出席した上で1位指名選手を最終決定する見通しだ。来季の続投方針が固まっている指揮官のもと、目指すは投手力の強化。“神宮のスター”を注視し、運命の日を迎える。

★昨秋は

ヤクルトは昨年10月17日に行われたドラフト会議で、奥川(星稜高)を1位指名。巨人、阪神の3球団で競合した末に、1番手でくじを引き、佐々木朗(大船渡高→ロッテ)と並ぶ注目株の交渉権を獲得した高津監督は「直感です。1度混ぜてから最初に手に当たった封筒を引こうと決めていた」と会心の笑みを浮かべた。ヤクルトは、2007年の高校生ドラフトで仙台育英高・佐藤由規(現楽天)を5球団競合で引き当ててから9連敗中だった。

早川 隆久(はやかわ・たかひさ)

1998(平成10)年7月6日生まれ、22歳。千葉県出身。木更津総合高で2年春と3年春夏に甲子園出場。3年夏に2戦連続完封勝利を挙げるなど2季連続で8強入りを果たした。高校日本代表ではU-18アジア選手権制覇に貢献。早大では1年春から東京六大学リーグ戦に登板し、通算50試合で11勝12敗、防御率2.71(17日現在)。179センチ、72キロ。左投げ左打ち。

No image

今月3日の法大戦。早川は気迫あふれる投球で完封勝利を飾った

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加