フェデラー 引退が近づいていると認めるも「テニスを楽しむチャンスを自分に与え続けたい」

フェデラー 引退が近づいていると認めるも「テニスを楽しむチャンスを自分に与え続けたい」

  • TENNIS DAILY
  • 更新日:2020/08/12

2度にわたる右膝の手術とそのリハビリのため、今年残りは試合に出場しないことを発表しているロジャー・フェデラー(スイス)。そのフェデラーが、引退の時が近づいているものの、まだまだテニスを楽しみたい旨を語ったと、英テニスメディアのtennisheadが報じている。フェデラーは今年の8月で39歳となる。スポーツ科学などの発展で、テニス選手の選手寿命は以前よりも伸びているが、それでもキャリアの終盤であるこ

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加