【ガーデニング】大寒の庭「冷たい風にも、凛として咲く花」7選

【ガーデニング】大寒の庭「冷たい風にも、凛として咲く花」7選

  • LIMO
  • 更新日:2023/01/25
No image

二十四節気のひとつ「大寒」は、1年でもっとも気温が下がるといわれている時期。その年によって日にちが変わりますが、だいたい1月20日頃~2月4日頃(立春)までの期間を指します。

外に出るのも億劫になりがちなこの時期でも、寒さに耐えて咲く花は意外に多いもの。凛と咲く花を見ると、心なしかパワーがもらえそうですね。今回は、大寒の時期でも庭をステキに演出してくれる冬の花々を紹介します(※参考記事)。

【参考記事】【ガーデニング】春植えの多年草オススメ7選。植えっぱなしでも毎年花が咲く!

大寒の庭で凛として咲く花7選

クリスマスローズ

No image

Manfred Ruckszio/shutterstock.com

冬から翌春にかけて、エレガントな花を咲かせるクリスマスローズ。凛とした花姿から「冬の女王」「冬の貴婦人」という異名でも親しまれています。

花色は白やボルドー、グリーンなどの落ち着いたものが多く、洋風の庭だけでなく和の庭にも合わせやすいのが特徴。半日陰~明るい日陰を好み、直射日光が当たらない涼しい場所で夏超しさせると翌年もキレイな花が楽しめますよ。

※参考価格:800~2000円(3~5号鉢)

パンジー・ビオラ

No image

Anjo Kan/shutterstock.com

秋冬花壇に欠かせない存在といっても過言ではない、パンジー・ビオラ。鮮やかな花色と柔らかな質感の花びらが魅力の一年草で、秋から翌春にかけて庭や花壇をステキに彩ってくれます。

花色には白や青、紫などの気品ある色や、ビタミンカラーやパステルカラーなどとにかく豊富。近年では八重咲きのニュアンスカラーなどエレガントな品種も登場し注目を集めています。

※参考価格:100~500円(3号ポット苗)

冬咲きクレマチス

No image

Akif CUBUK/shutterstock.com

クレマチスは品種によって咲く時期が異なる植物。冬咲き種は、オフホワイト系の落ち着いた色合いの花を下向きに咲かせます。

ツル性植物なのでフェンスやトレリス、アーチに絡ませたり、行灯仕立てにしたり、さまざまな楽しみ方ができるのが魅力。絡ませるアイテムがない場合は、壁を這わせながら育てるのもオススメです。

※参考価格:1000~1500円(3号ポット苗)

プリムラ・マラコイデス

No image

Nitr/shutterstock.com

複数の小花を密集させ、可憐な花房をつくるプリムラ・マラコイデス。「化粧桜」「乙女桜」という名前でも親しまれています。1本の茎にたくさんの花を咲かせるので、少ない本数でも場が華やかになるのが魅力。

品種によって開花時期や花色が違うので、大寒の時期に楽しみたい場合は冬咲きの小輪種を選びましょう。本来は多年草ですが、冬咲種は暑さに弱いので一年草として育てましょう。

※参考価格:200~800円(3号ポット苗)

オステオスペルマム

No image

LPchart/shutterstock.com

マーガレットやガーベラに似た、明るい雰囲気の花で庭を彩るオステオスペルマム。白や紫、オレンジや黄色、ピンクや複色など多くの花色が揃っています。

また、一重咲きや八重咲き、ダブル咲きや花びらがスプーンのような形をしたスプーン咲きなど咲き方も豊富。高温多湿が苦手なため、初夏以降は涼しい場所で夏超しさせると翌年も開花が楽しめますよ。

※参考価格:300~800円(3号ポット苗)

ロウバイ(蠟梅)

No image

Hiyoman/shutterstock.com

12月~2月頃に、まるでロウ細工のような黄色い花を咲かせる落葉低木・ロウバイ(蝋梅)。花からは甘い香りも楽しめます。あまり樹高が高くならないため、小さめのシンボルツリーとして楽しむのもオススメ。

春から初夏にかけてチョコレート色の花を咲かせる「クロバナロウバイ」と一緒に植えれば、開花時期が違う2種類のロウバイが楽しめますよ。

※参考価格:1000~3000円(1メートル苗木)

ツバキ(椿)

No image

Marinodenisenko/shutterstock.com

和のイメージが強いツバキですが、近年は洋風の庭にも合うオシャレな品種が増えています。

アート作品のような整った花姿が魅力の千重咲き、凛とした花を咲かせるボタン咲き、ボリューム満点の大輪の花が咲く獅子咲きなどさまざまな品種が揃っているので、好みに合わせて選びましょう。

常緑なので外部からの目隠しとして植えるのもオススメです。大きく育てたくない場合は鉢で育てるか、剪定しながら管理しましょう。

※参考価格:3000~10000万円(1メートル苗木)

【ガーデニング】パワーをもらえる!大寒の庭で凛として咲く冬の花(クリスマスローズ、ロウバイ、ツバキなど)

まとめにかえて

大寒の時期に咲く花は、基本的に耐寒性が強い植物。とはいえ、冬の時期は根が張りにくいので、庭植えではなく鉢やプランターに植えて楽しむのがおすすめ。

天気が良い日中は日当たりが良い場所に、雪が降る日や気温が下がる夜は軒下や屋内に移動させるなど、適度な防寒対策をおこないましょう。いまの時期しか見られない冬でも元気に咲く花を楽しんでくださいね。

LIMO編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加