メンツ丸潰れ。ペロシ訪台で苛立つ習近平政権に懸念される大暴発

メンツ丸潰れ。ペロシ訪台で苛立つ習近平政権に懸念される大暴発

  • まぐまぐニュース!
  • 更新日:2022/08/06
No image

何よりもメンツを重視すると言われる中国。再三の牽制にもかかわらず行われたペロシ米下院議長の電撃訪台は、そんな中国社会における習近平国家主席のメンツを完全に潰すものであったようです。今回のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』では著者で台湾出身の評論家・黄文雄さんが、ペロシ氏の訪問に沸く台湾の様子や中国市民のネット上での反応を紹介。さらに顔に泥を塗られることとなった習近平氏が暴走する可能性を指摘するとともに、日本に対して憲法改正を含めた対中安全保障強化の必要性を説いています。

※本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2022年8月4日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。

この記事の著者・黄文雄さんのメルマガ

初月無料で読む

【中国】メンツを潰され暴走する習近平政権の行方

ペロシ氏訪台/蔡総統「民主主義の防衛線守る」ペロシ氏「結束重要」 総統府で会談

8月2日、ナンシー・ペロシ米下院議長が台湾を訪れ、翌3日には蔡英文総統と会談しました。米下院議長の訪台は1997年のギングリッチ氏(共和党)以来25年ぶりとのことです。

ペロシ氏は、アメリカが1979年に台湾関係法を成立させたことに触れ、アメリカが台湾の味方であり続け、安全保障においてアメリカと台湾の結束を発展させてきたと述べ、これからもアメリカは台湾との約束を守り続けると述べました。

台湾ではペロシ氏が松山空港に到着してからの一挙手一投足がメディアで報じられ、また、熱烈歓迎する台湾人の「おっかけ」も現れました。彰化縣花壇郷のパン屋では、ペロシ氏が1時間台湾に滞在するごとに1パック6個入りのスフレケーキにおまけ1つ、2時間なら2つをおまけにつけるとして、話題になりました。

裴洛西在台18小時 待愈久送愈多/彰化業者霸氣 送出9千顆蛋黄酥

なお、ペロシ氏が訪台した期間、台湾高速鉄道の新左営駅の壁面ディスプレイがハッキングされ「老巫婆竄訪台灣,是對祖國主權的嚴重挑戰」(老魔女の姑息な台湾訪問は、祖国の主権に対する重大な挑戦だ)という文字が映し出されたそうです。

裴洛西訪台期間台鐵螢幕遭駭 畫面出現神秘簽名字樣

加えて、高雄のスーパーではレジ後ろのディスプレイがハッキングされ、「戦争屋ペロシ、とっとと台湾から出て行け」という文字が表示されたとのことです。

廣告螢幕單日收視900萬人次 統一超商遭駭客鎖定

これが中国当局によるものか、あるいは台湾国内の親中派によるものかはわかりませんが、情報セキュリティの専門家は、有事に国内を混乱に導くことが可能になるとして、強い警戒態勢を当局に求めました。

今回、訪台したペロシ氏は、国民党政権下で行われた台湾人弾圧「白色テロ」の関連施設である牢獄などを訪れ、さらには、習近平批判本を扱ったことで中国当局に監禁された銅鑼湾書店の林栄治氏、中国の民主活動家ウアルカイシ氏、台湾チベット亡命政府代表ケルサンジェンセン氏などと会見しました。

裴洛西赴人權園區 見證白色恐怖遺址

ペロシ氏といえば、中国のチベットや新疆ウイグルでの人権弾圧を批判し、北京オリンピックの開催にも反対を唱えてきました。中国から渡ってきた国民党と中国共産党の非道を並べることで、台湾人意識を刺激するとともに、民進党の正当性を訴える意味もあるでしょう。

この記事の著者・黄文雄さんのメルマガ

初月無料で読む

一方、アジアの若者たちによる反中国ネットワークである「ミルクティー同盟」は、今回のペロシ氏の訪台を歓迎し、中国による台湾への恫喝を批判しました。「ミルクティー同盟」は、タイ、台湾、香港、インド、ミャンマー、インドネシアの反中国の若者たちがネットで連帯しているものです。今回のことでも、タイなどから「台湾は国だ」というメッセージが送られてきているそうです。

裴洛西訪台 奶茶聯盟泰國網友熱烈挺台

これらの国、地域は、ミルクティーをよく飲みます。エバミルクを入れる香港式ミルクティーは有名ですし、台湾のタピオカミルクティーは日本でもブームになりました。タイはチャーイェン、ミャンマーではラペイエ、インドはチャイというミルクティーです。

一方、中国ではお茶にミルクをいれる風習はありません。そもそも牛乳を飲むようになったのはつい最近のことで、むしろ豆乳文化です。そのため、反中国の連帯を「ミルクティー同盟」と呼ばれるようになったわけです。ツイッターでは「MilkTeaAlliance」とも表現されています。

【関連】中国を黙らせろ。アジア中のネット民が集う「ミルクティー同盟」の結束力

このように、アジア各国では若者たちによる台湾支持が広がっています。香港の民主主義が殺されていく様を目の当たりにして、若者たちのあいだで危機感と連帯の機運が高まっているのです。ミャンマーやタイなどは軍事政権と中国とのつながりが深いことから、反中意識が強いのです。

一方、中国のインターネット上では、ペロシ氏の訪台に対する批判の声がうずまきました。中には「眠れなかった」という怒りの投稿すらあったそうです。中国ではペロシ訪台のニュースを事細かく報じたとのことですが、情報統制の国である中国では珍しいことです。

ペロシ氏の訪台、中国で怒りや批判の声「眠れなかった」

ペロシ氏の訪台に強く反発した中国は、2日夜から台湾を取り囲むように軍事演習を行い、しかも実弾を使用した大規模なもので、台湾を威嚇し続けています。

中国、台湾取り囲む軍事演習 実弾使い大規模に

それどころか、中国が発射した弾道ミサイル9発のうち5発が日本のEEZ(排他的経済水域)内に落下し、日本政府は中国に抗議を行いました。

習近平政権はペロシ氏の訪台を牽制し続けてきただけに、実際に訪台が行われたことで、メンツを潰されたという思いなのでしょう。それと同時に、習近平政権がいくら牽制しても、アメリカや台湾には何も効かなかったことが明らかになってしまいました。その腹いせが暴発気味になっているところが気になるところです。

これまで中国では習近平政権の神格化を強めてきました。天から任命された「真命天子」が天下を統治するというのが、中国の伝統的な皇帝制度です。だから中国では共産党の最高権力者は絶対無謬であると同時に、絶対に批判してはいけない存在なのです。

その絶対権力者がコケにされたということは、権力掌握の正当性すらも疑われることになるわけです。

秋の共産党大会で3選を目指している習近平にとっては、非常に腹立たしい状況になってしまったということだと思います。一方、今年末に統一地方選挙があり、再来年に総統選挙がある台湾の民進党・蔡英文政権にとってはプラスにつながるといえるでしょう。

ロシアのウクライナ侵攻以後、世界は中国への警戒感を強め、また中国国内ではゼロコロナ政策への不満が高まり、経済も減速の一途を辿っています。内政、外交の不具合が権力闘争を激化させる可能性も少なくありません。

思うどおりにいかない苛立ちから習近平政権が暴走することも視野に入れておくべきでしょう。いよいよ日本は、憲法改正を含めて対中安全保障を真剣に考えるときです。

この記事の著者・黄文雄さんのメルマガ

初月無料で読む

No image

最新刊

バイデン政権がもたらす新たな米中危機 激震する世界と日本の行方

好評発売中!

image by:蔡英文- Home | Facebook

こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー

対米戦略に国連中心主義を持ち出した中国の欺瞞/「中国の台湾化」が世界を救う(9/30)

人民解放軍の「文攻武嚇」PRのお粗末ぶり/習近平が目指す全体主義の正体(9/23)

強まる弾圧と狭まる習近平包囲網/歴史を知らない韓国人が歴史を説教する厚顔(9/16)

9月15日から、ついに世界で敵と味方が明確になる/中国と絡むと映像作品も政治になる(9/09)

安倍首相辞任、次期総裁選びと親中派の焦り/世界の民主主義国が台湾を訪れて連帯を示し始めた(9/02)

チベット人の自由と権利のために戦った女戦士の死/世界が辟易し始めた韓国のご都合主義とOINK(8/26)

ドル経済圏から追放される中国の焦り/台湾に受け継がれる日本人の自然観(8/19)

なぜいま中国は香港民主活動家を次々逮捕するのか/香港潰しの次に中国は確実に台湾を狙う(8/12)

反日親中メディアの終焉/李登輝元総統との思い出と台湾が抱える課題(8/05)

銅像で相手を貶めるのは中華の文化/ようやく中国の本質を理解したアメリカ(7/29)

いよいよ日本企業も中国企業との取引が生死を分けるときがきた/三浦春馬氏の死に衝撃を受ける台湾(7/22)

中国にとって国際法とはなにか/「台湾鉄道の父」を日本人から中国人に変えようとする姑息な動き(7/15)

日本も本気で中国のスパイ対策に乗り出すべきとき/徴用工問題の報復を恐れる韓国が狙うWTO事務局長(7/08)

次は台湾を狙う中国と、滅びゆく香港の力を結集する台湾/三峡ダム決壊が招く中国分裂(7/01)

朝日新聞が「中国の宣伝機関」としてアメリカに認定される可能性/ゲームの中で展開される反中闘争(6/24)

もう歴史問題で韓国を相手にしても意味がない/ついにウイグル化がはじまった香港(6/18)

中国に近づいてやっぱりバカを見たインドネシア/台湾で国民党独裁からの民主化を描いたドラマ解禁(6/10)

中国のアメリカ暴動への関与疑惑が出はじめた/コロナで中国は旧ソ連と同じ道を辿るか(6/03)

中国制定の「香港国家安全法」が日本の護憲派を殺す/親中カンボジアの「中国に近づきすぎたツケ」(5/27)

中国の恫喝はもう台湾に通用しない/世界が注目する蔡英文の総統就任スピーチ全文(5/20)

「元慰安婦」から反日利権を暴露された韓国慰安婦支援団体/中国から台湾に逃げてくる動きが加速(5/13)

アメリカが暴露した中国の悪質な本性/韓国瑜へのリコール投票に見る「コロナ後の台湾」の変化(5/06)

世界からの賠償要求5500兆円!中国は破産するか/他国へも情報統制を求める中国の卑劣(4/30)

「アベノマスク」も被害。今度は不良品マスクを世界に拡散する中国/フルーツ天国・台湾は日本人がつくった(4/22)

コロナ発生源の中国が今度は黒人に責任転嫁/台湾発「WHO can help?」が世界に問いかけること(4/16)

もう国民が国内旅行を楽しむ台湾と、緊急事態宣言の日本(4/08)

台湾の民主化とともに歩んだ志村けんさん/死者数の嘘が暴かれ始めた中国(4/01)

欧州の新型コロナ感染爆発は中国共産党員が原因だった/国内では隠蔽、海外では恩の押し売りを続ける中国(3/26)

習近平の「救世主化」と天皇利用への警戒/小国発展のバロメーターとなる台湾(3/18)

【台湾】新型コロナ対策で注目される台湾の若きIT大臣が日本に降臨!?(3/11)

新型コロナへの対処法は「中国断ち」をした台湾に学べ/新型肺炎の責任を日本に押し付けはじめた中国(3/05)

『韓非子』の時代から何も変わっていない中国(2/26)

「中国発パンデミック」はなぜ厄介なのか/蔡英文再選後、ますます進む日台連携(2/19)

新型肺炎のどさくさで反体制派狩りをする習近平の姑息/戦後日本の軍事研究忌避が新型肺炎の感染拡大の一因(2/12)

新型肺炎が世界にとって思わぬプラスとなる可能性/疫病のみならず他国に厄災をばら撒く中国(2/05)

WHOを操る疫病発生地・中国の魂胆(1/29)

「中国発パンデミック」はなぜ厄介なのか/蔡英文再選後、ますます進む日台連携(1/22)

中国の目論見がことごとく外れた台湾総統選/ご都合主義の中国が民主主義と人類を危機に陥れる(1/15)

黄文雄メルマガスタッフの台湾選挙レポート(1/13)

文化が残らない中国の宿命/中華にはびこる黒道治国と台湾総統選挙を左右する「賭盤」(1/08)

謹賀新年のご挨拶―激動の年の幕開け(1/01)

MAG2 NEWS

黄文雄『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加