ロッテ、佐藤都が先制3ランも2回以降無得点...11残塁の拙攻、3連敗で借金3

ロッテ、佐藤都が先制3ランも2回以降無得点...11残塁の拙攻、3連敗で借金3

  • ベースボールキング
  • 更新日:2022/08/05
No image

ロッテ・井口監督 (C)Kyodo News

○ 西武 4x - 3 ロッテ ●
<17回戦・ベルーナドーム>

ロッテは3点リードを守れず逆転サヨナラ負け。3連敗で借金3となった。

初回、西武先発・今井の連続四球で好機を迎え、5番・佐藤都が6号3ランを右翼席へ運び幸先よく先制。2回以降も制球が定まらない今井から幾度となくチャンスは作るものの、好機での一本が出ず2回以降はゼロ行進が続いた。

先発の石川は7回6安打2失点と好投。1点リードの8回から継投に入ったが、2番手のゲレーロが先頭打者への四球からピンチを招き、最後は自らの暴投で同点に追いつかれた。延長10回は4番手の佐々木千が先頭の9番・川越にサヨナラ本塁打を浴び3敗目(2勝)。打線は最後まで追加点を奪えず、残塁は「11」を数えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加