巨人・ウィーラー攻守でキラリ 犠飛でチーム唯一の打点&本塁生還阻止の捕殺

巨人・ウィーラー攻守でキラリ 犠飛でチーム唯一の打点&本塁生還阻止の捕殺

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/23

◇SMBC日本シリーズ2020第1戦 巨人1―5ソフトバンク(2020年11月21日 京セラD)

No image

<巨・ソ>9回1死満塁、犠飛を放つウィーラー(撮影・木村 揚輔)

巨人・ウィーラーが攻守で魅せた。9回1死満塁で森から左犠飛を放ってチーム唯一の得点をもたらし「負けはしたが最後に1点取った。最後の勢いのまま明日につなげたい」と話した。

3回には楽天時代の18、19年に合計21打数8安打(打率・381)と好相性の千賀からチーム初安打となる左前打。4回2死二塁の左翼守備では二塁走者の本塁生還を阻止する補殺も決めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加