会社を辞めてカフェをやりたい!? もし失敗したら人生詰むじゃん!!/「君とはもうできない」と言われまして

会社を辞めてカフェをやりたい!? もし失敗したら人生詰むじゃん!!/「君とはもうできない」と言われまして

  • レタスクラブ
  • 更新日:2022/01/14
No image

会社を辞める?何言ってんの!? / (C)モチ/KADOKAWA

娘が一人で寝られるようになり、そろそろしたいのに。夫は「そういう気になれない」と全力で拒否!/「君とはもうできない」と言われまして

共働きの主婦・律子は娘と夫の3人暮らし。決して夫婦仲は悪くないのに、出産後、7年以上続くセックスレスに悩んでいます。

子どもが一人で寝られるようになり、久しぶりに夫を誘ってみると「そういう気になれない」と、まさかの大拒絶! あの手この手で迫っても、その気になるどころか「ガツガツしてて怖い」と引かれて——。さらに夫の不倫疑惑が浮上したり、律子自身がPTA不倫に巻き込まれそうに…。

レス解消を願う妻の揺れる気持ちと、波乱の日々を描く『「君とはもうできない」と言われまして』。小さなすれ違いが、やがて夫婦関係の危機にも発展しかねないセックスレス問題。仲良しだから大丈夫、そのうちなんとかなると放置せずに、向き合うことが大切だと気付かされます。

拒否し続ける夫をその気にさせようと、律子はあの手この手でアプローチ。ところがある日、カフェで夫が知らない女性と一緒に過ごしている姿を目撃してしまいます。

もしや、夫は外で他の女性と浮気しているのでは…。拒絶された夜、勢いで疑惑の女性について問いただすと、夫から「俺たち、ちゃんと話をしよう」と持ちかけられます。

※本記事はモチ、三松真由美著の書籍『「君とはもうできない」と言われまして』から一部抜粋・編集しました

No image

カフェ経営? / (C)モチ/KADOKAWA

No image

だからあの人とはなんでもない / (C)モチ/KADOKAWA

No image

家族のためでもあるんだよ / (C)モチ/KADOKAWA

No image

何言ってんの!? / (C)モチ/KADOKAWA

No image

勝手すぎるよ… / (C)モチ/KADOKAWA

No image

無責任すぎるよ / (C)モチ/KADOKAWA

No image

…わかってくれると思ってた / (C)モチ/KADOKAWA

No image

訳わかんないよ!! / (C)モチ/KADOKAWA

夫の不倫疑惑の誤解は解けたものの、「会社を辞めてカフェを開業したい」という予想外の告白に律子は大激怒! 夫が仕事に専念できるよう、自分のキャリアを犠牲にしてきたと思っていた律子にとって、全く受け入れられる話ではありませんでした。相手に悪気はなくても、寝耳に水だとつい感情的な反応をしてしまうものです。夫婦だからきっとわかってくれるはずと過信せず、普段から互いの考えを伝えておくことが大切だと考えさせられます。

著=モチ、監修=三松真由美/『「君とはもうできない」と言われまして』(KADOKAWA)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加