ロバート秋山、下積み時代“変な目覚まし時計”と出合う 「6時くらいに...」

ロバート秋山、下積み時代“変な目覚まし時計”と出合う 「6時くらいに...」

  • Sirabee
  • 更新日:2022/06/23
No image

22日放送の『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』(日本テレビ系)に、お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次が出演。番組内では、下積み時代に聞いたという目覚まし時計の思い出を語った。

■ドン・キホーテへ訪れる客に密着

24時間営業の『ドン・キホーテ新宿店』にて、深夜から早朝に訪れる客の実態と事情を調べるという旅「眠らない店の旅」を実施した今回。ロケ中には、フリーで活動する舞台俳優が登場し、フードデリバリーのアルバイトで使用するためロードバイクなどを購入した。

一方スタジオでは、舞台俳優の登場を受け、ゲストに下積み時代に関する質問が。すると、ゲストの1人である秋山は若手時代を語り出した。

関連記事:ロバート秋山、相方に思わず本音? 「川島さんは見るけど俺は見ねえのか…」

■バイト先の社長に救われた過去

秋山によると、若手時代はお笑いライブのチケットを自分で買い取り、それを売っていたとのこと。売り切らないとそのチケット代は自腹になってしまうそうだ…。

そのため、秋山は当時アルバイトをしていたビルのダクト清掃の社長にそのことを話してみたのだという。すると、その社長は秋山からチケットを全て買い取ってくれたとのことだ。

■「変な目覚まし時計で…」

続いてその当時、19歳で4畳半の部屋に住んでいたという秋山。そのときの忘れられない思い出を語り出した。秋山いわく「この(部屋の)隣の、向かいの上のマンションの人が変な目覚まし時計で6時くらいに起きる」ということがあったのだそう。

すると秋山は「ノッてるか~い!? 起きてるか~い!?」「なに~起きてねぇ? ハハッ起きろ!」と、その当時に聞こえてきた目覚まし時計の音を再現。その独特な音に、出演者からは「何それ!」と笑いが起きた。

■「持ってた」の声が続出

ネット上では「ロバート秋山が言ってた変な目覚まし時計、子供の頃家にありました」「秋山の言ってた変な目覚まし時計持ってたぞ、グラサンかけたニワトリのやつ」などの声が続出。

今回、秋山が披露したこのエピソードにより、過去に同じ目覚まし時計を使用していた視聴者が大勢いたことが判明した。

・合わせて読みたい→ハナコ、“人生のバイブルになった漫画”で驚きの結果 3人が選んだのは…

(文/Sirabee 編集部・綿 つゆ子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加