上白石萌音主演「オー!マイ・ボス!」初回11・4% 同枠2作ぶり2桁発進

上白石萌音主演「オー!マイ・ボス!」初回11・4% 同枠2作ぶり2桁発進

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/01/14

女優の上白石萌音(22)が主演を務めるTBSドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(火曜後10・00)が12日に15分拡大スペシャルでスタートし、初回(第1話)の平均世帯視聴は11・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが13日、分かった。

No image

上白石萌音

同枠の初回としては、昨年9月から10月にわたって放送された「おカネの切れ目が恋のはじまり」以来、2作ぶりの2桁発進となった。

ファッション雑誌編集部を舞台にした胸キュンお仕事系ラブコメディー。上白石が演じるのは、田舎から上京した平凡な女子で、偶然見つけた出版社の求人で備品管理部に採用されたが、配属先はなぜか編集部に。ドSの鬼編集長の雑用係となり、がむしゃらに前に進んでいく。上白石は昨年1月期の「恋はつづくよどこまでも」に続いてTBSで2度目の主演となった。

上司役は菜々緒(32)。また、Kis―My―Ft2の玉森裕太(30)と間宮祥太朗(27)が演じる男性陣との恋模様も描かれる。

第1話は、地方の田舎町から上京してきた就活中の鈴木奈未(上白石)が、大手出版社・音羽堂出版の備品管理部の求人募集を見つけ面接を受けることに。アクシデントがあったが、潤之介(玉森)と運命的な出会いを果たしたことでなんとか面接を乗り切り、無事採用。しかし、配属されたのは備品管理部ではなく新設されたファッション雑誌編集部で…という展開だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加