熊谷紗希、W杯まで1年での欧州遠征に「日本人同士でやっていたら出てこないシーンが出て来る」

熊谷紗希、W杯まで1年での欧州遠征に「日本人同士でやっていたら出てこないシーンが出て来る」

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/06/23
No image

なでしこジャパンのDF熊谷紗希(バイエルン/ドイツ)がメディアのオンライン取材に応対した。

【動画】【スコットランド料理】古橋&前田が食レポに挑戦!

来年の女子ワールドカップに向けて強化を進めているなでしこジャパン。現在はヨーロッパ遠征に臨んでおり、セルビア女子代表、フィンランド女子代表との対戦を控えている。

チームのキャプテンも務める熊谷だが、今回の遠征に向けて選手たちの様子については「遠征に新しい選手もいる中、この遠征のこの2試合にかけて、良い準備をして入っているので、アジアカップよりもと言うことはないですが、しっかりとした気合いを感じています」と、気持ちの面でもしっかりと準備していると感じているようだ。

24日にセルビアと対戦する中、印象については「やったことがないので元々はたくさんの情報はなかったですが、バイエルンのチームメイトにもいて、直近はドイツに勝って勢いがあります」と語り、「チームメイトもそうですが、アグレッシブに戦うイメージです」とコメントした。

バイエルンのチームメイトは9番のFWヨバナ・ダムヤノビッチだが、特徴については「常に100%でアグレッシブにできる選手で、練習からモチベーション高くやれる選手で、彼女の特徴としては前でのキープ力。体を使った反転だったりと言うところは持ち味です。決定力が高いので、明日の試合ではそこを押さえていきたいです」とコメント。対戦相手としてしっかりと抑えたいとした。

また「抜け目ないですし、色々な形のストライカーがいる中でも、独特の持ち味があると思います」と警戒。なでしこジャパンとしても非常に重要な相手となりそうだ。

W杯を1年後に控えた中での貴重な欧州勢との対戦。熊谷は今回の遠征に対して「W杯まで1年ちょっとという中で、代表チームとしてやれる時間は限られています」と語り、「今回はヨーロッパでヨーロッパのチームと戦える。セルビアとフィンランドもなかなか普段やれる相手ではないので、自分たちの成長含め、チームとしてやれる時間は貴重になるので、この時間はチームが次に進むためには重要な時間になると思います」と、今回の2試合からもしっかりと何かを得たいとした。

昨年11月にはアイスランド女子代表、オランダ女子代表と対戦したが、無得点で終わってしまった。「ヨーロッパ相手だからということもありますが、自分たちがどうやってチームとして戦うかも重要です」と熊谷は語り、「時間がない中ですが、1年後にW杯にチームとして完成度を上げて戦うということを、最初はエラーもあると思いますが、やるべきこと、次につながるチャレンジをしていきたいと思っています」とトライが重要だとコメント。「明日の試合は監督がやっていこうとしているところをできる限り選手が全うすることが大事だと思います」と、狙いを持ってやるべきことを出せるかが重要なポイントになるとした。

やはり海外のチームを相手にプレーすることは重要だと語る熊谷。「日本人同士でやっていたら出てこないシーンが出て来ると思います。その中で自分たちができることを増やさないといけないし、そこは1つ大きなチャレンジとして、ダイナミックなサッカーを出させない守備を含め、映像を見ていると結構前からプレスをかけてくるイメージもあって、そこをどれだけ自分たちが落ち着いて剥がせるかもキーになると思います」と普段とは全く異なる試合になると予想。「相手あってのサッカー、相手の良さを出させない守備もある中で、自分たちがチームとしての守備の形をできればなと。チャレンジしたいと思うので、少しでも多く出したいと思います」と、その中でもどこまで戦えるのかを見たいとした。

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加