野村弘樹氏、連勝の巨人に「スッキリしない部分が...」

野村弘樹氏、連勝の巨人に「スッキリしない部分が...」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2022/08/05
No image

巨人・堀田賢慎

● ヤクルト 5 - 9 巨人 ○
<19回戦・神宮>

巨人は9-5で勝利し連勝となったが、後味の悪い白星となった。

巨人は3-1の7回にウォーカー、丸佳浩、岡本和真の適時打、さらにポランコがこの日2本目となる2ランでこの回5点を奪う。先発・堀田賢慎も7回1失点とゲームを作る。8-1の9回にウィーラーの一発で9-1となり、巨人が圧勝するかと思われたが、9回裏に登板した戸田懐生がオスナに満塁弾を浴びた。最後は一死二、三塁からクロールが塩見泰隆を空振り三振、代打・西田明央を二飛に仕留め、なんとか逃げ切った。

5日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた野村弘樹氏は「課題というより、戸田でしょうね。あそこで、パッと締めてくれればね。先発の堀田もいいピッチングをして、攻撃陣も効果的に7回に一挙5点、9回表まで完璧にジャイアンツペースだった。9回裏のバタバタ劇ですよね。勝ちはしましたけど、勝ち方があるじゃないですか、負け方も当然あるんですけど、そういった意味ではちょっとスッキリしない部分が見えましたよね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加