香川県警の覆面パトカーが高速道路で事故 けが人はなし 高松市

香川県警の覆面パトカーが高速道路で事故 けが人はなし 高松市

  • KSB瀬戸内海放送
  • 更新日:2022/09/26
No image

高松市の高松自動車道で交通取り締まりを行っていた香川県警の覆面パトカーが壁に衝突しました。けが人はいませんでした。

【写真】提供:香川県警

23日午前9時ごろ、高松市田村町の高松道上り線で、パトロールしていた香川県警高速道路交通警察隊の覆面パトカーが壁に衝突しました。

この事故でパトカーのフロント部分が大破し、後ろも破損しました。運転していた49歳の男性巡査部長と、助手席の男性警察官の2人にけがはありませんでした。

県警の高速隊は速度違反の恐れがある前方の車を追跡しようと加速したところ、カーブでスリップしたとしています。

KSB瀬戸内海放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加