【MLB】ダルビッシュ、メジャー最多8勝目消滅 7回3失点粘投も救援投手が同点2ラン被弾

【MLB】ダルビッシュ、メジャー最多8勝目消滅 7回3失点粘投も救援投手が同点2ラン被弾

  • フルカウント
  • 更新日:2020/09/16
No image

先発したカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】

7回で今季最多9安打も3失点と粘った、防御率2.00

■カブス – インディアンス(日本時間16日・シカゴ)

カブスのダルビッシュ有投手は15日(日本時間16日)、本拠地のインディアンス戦で先発した。7回で今季最多9安打を許したものの、3失点と粘りの投球。勝利投手の権利を手にしたが、救援投手が打たれてメジャートップの8勝目はならなかった。メジャー6位(リーグ5位)の防御率2.00。シーズン79奪三振はメジャー4位タイ(リーグ2位タイ)となった。

ダルビッシュは粘りの投球となった。1点を先取した直後の3回。先頭ネイラーの右翼線二塁打を許すと、デシールズのセーフティバントを三塁・ブライアントが一塁悪送球。同点に追いつかれた。続くリンドーアには逆転の左翼線適時二塁打を許した。5回にはリンドーアに中前適時打を献上した。

同点に追いついた6回は2死からネークインの左越え二塁打を許したものの、ペレスを空振り三振に。7回はデシールズの右翼線二塁打、リンドーアの敬遠四球などで1死一、二塁のピンチを招いたが、フリーマンを二ゴロ、ラミレスを中飛に打ち取った。7回100球(ストライク77球)を投げ、7奪三振1四球、9安打3失点。最速は96.9マイル(約155.9キロ)。前回9日(同10日)の本拠地・レッズ戦で今季2敗目を喫して自身の連勝が7で止まったものの、9試合連続のクオリティスタート(6回以上、自責点3以下)を達成した。

打線は同点の7回にコントレラスの右犠飛で勝ち越し。8回にはバエスが二盗からの積極的な走塁で1点を追加した。しかし、ジェフレスが同点2ランを被弾。ダルビッシュは勝利を手にすることが出来なかった。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加