20代男性の3割が囲碁のルールを理解 女性ではまったくわからない人も多数

20代男性の3割が囲碁のルールを理解 女性ではまったくわからない人も多数

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/05/02

囲碁は将棋と比べて、競技人口は少ない。そのために、囲碁のルールをまったく知らないという人も多いようだ。

画像をもっと見る

■「囲碁のルールを知っている」1割程度

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女3,140名を対象に調査したところ、全体の12.3%が「囲碁のルールを知っている」と回答した。

No image

関連記事:約560種類のボードゲームを遊べる箱根の宿が話題 若旦那にその魅力を直撃

■『ヒカルの碁』の影響で

性年代別では、すべての年代で女性よりも男性の割合が高くなっている。

No image

祖父の影響で、囲碁のルールを知った人も。

「祖父が好きだったので、小さい頃によく教えてもらっていた。今は囲碁をする機会がほとんどないけれど、またやってみたいと思っている」(20代・男性)

囲碁の世界を描いた漫画『ヒカルの碁』は、アニメ化もされて話題になった。

「ジャンプに連載されていた『ヒカルの碁』を読んで、囲碁に興味を持った。おそらくあのブームがなければ、囲碁のルールを知ることはなかったと思う」(30代・男性)

■囲碁のルールはまったく知らない

一方で女性には、囲碁のルールをまったく知らない人も多い。

「将棋は父に教えてもらって、なんとなくだけれどルールはわかる。囲碁はまったく触れたことがないので、どのようになれば勝ちなのかさえもわからない」(40代・女性)

「同居している祖父が、たまにテレビで囲碁の番組を観ているときがある。隣で一緒に観ていても、全然理解できない」(40代・女性)

■囲碁がもっと広まってほしい

囲碁が好きな人は、もっと広まってほしいと思っているようだ。

「囲碁をする機会はなかなかないので、ルールがわからないのも無理はないと思う。ただ知れば知るほどおもしろいものだから、できればもっと広まってほしい」(30代・男性)

「将棋をやるなら友達を集めてできるけれど、囲碁だとそれができない。もっと囲碁人口が増えて、気軽に楽しめるようになればいいのにと思う」(40代・男性)

ルールの前に、囲碁を触ったことさえない人も多いようだ。

・合わせて読みたい→「サザンが好き」最も多いのは60代女性 昔の曲で青春を思い出す人も

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2020年12月11日~2020年12月18日
対象:全国10代~60代の男女3,140名 (有効回答数)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加