F1代表のミーティングで白熱した「対ポーパシング」議論。Netflixのカメラもその”劇場”を撮影

F1代表のミーティングで白熱した「対ポーパシング」議論。Netflixのカメラもその”劇場”を撮影

  • motorsport.com 日本版
  • 更新日:2022/06/23
No image

ポーパシング問題に関するF1チーム代表を集めたミーティングが、F1カナダGPの土曜日に行なわれたが、この会議にはNetflixの撮影が入っていたようだ。

F1のCEOであるステファノ・ドメニカリは、F1カナダGPの土曜日に各F1チームの代表を集め、恒例となっているコーヒーミーティーングを行なった。この際、FIAの技術指令、そしてポーパシング問題を巡って、チーム代表たちの間で衝突があったことが知られている。

メルセデスのトト・ウルフ代表はこのミーティングの後、ポーパシングに関する議論において、ライバルチームの代表たちの行動は「哀れ」で「不誠実」だと指摘。今回の問題に伴う安全面の懸念を強調しながらも、政治的なゲームを展開していると非難した。

ライバルチームは、メルセデスほど声高に今回の問題についてFIAが介入する必要性があることを訴えていない。今季のマシンがそれほどポーパシングに悩まされていないレッドブルは特にそうだ。

そのレッドブルのホーナー代表は、メルセデスがポーパシングに苦しんでいるのはレギュレーションに問題があったからではなく、メルセデスのマシンのコンセプトにあるはずだと主張。ウルフ代表に対し、”自分の家”を整えるのは、それぞれのチームの責務であると提案したとされている。

なおこのミーティングには、Netflixのカメラが入り、「Drive to Survive」第5シーズンのために撮影が行なわれていたという。

このミーティングはあくまでプライベートである。そんな中にNetflixの取材カメラが入り、撮影を行なうのは良いことだと思うかと尋ねられたホーナー代表は、次のように答えた。

「ミーティングでは、”劇的な瞬間”が起きていたと思うよ」

そうホーナー代表は語る。

「おそらくルイス(ハミルトン/メルセデス)の新しい映画の撮影が始まると、彼らはおそれくそれに登場させるのだろう」

なおアストンマーチンのマイク・クラック代表も、ミーティングでの討論中に緊張感が高まったことを明かし、「一部の人は少し感情的」だったと語った。

前述のFIAの技術指令では、マシンに2本目のフロアステーを追加することが許可された。これはフロアのたわみを抑制してダウンフォースの発生量を安定化させ、ポーパシングを発生させないようにする措置だった。

これを受けてメルセデスは、カナダGPの初日に2本目のフロアステーを追加。しかしこの許可は技術指令のみで語られていたもので、レギュレーションは変更されていなかったため、いくつかのチームはメルセデスに対する抗議を提出する構えを見せた。そのためメルセデスは、土曜日以降は2本目のステーを取り外さざるを得なかった。

またFIAが技術指令を発表したのは、カナダGPの走行開始前日であり、即座に対応するのは簡単ではない。このタイミングについてもメルセデス以外のチームからは疑念の目が向けられた。

ホーナー代表曰く、このポーパシングは、アゼルバイジャンとカナダでもっとも深刻なモノになるだろうと考えていたという。しかし実際には「今回のレースでは、問題になっているようには見えなかった」と語った。

「これらのモノ(ポーパシングの対策)を導入するまでには、そのためのプロセスが存在する」

そうホーナー代表は語る。

「特に残念だったのは、2本目のステーについてだ。これは、技術フォーラムで議論する必要があるからだ。そして今回のモノは、あるチームの問題を解消することに明らかに偏っている。技術指令があっても、ここ(カナダ)に登場させたのは1チームのみだった」

「だから、それを避けるために仕事をしなきゃいけない」

Motorsport Network.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加