西武2位浜屋“仕切り直し”先発デビュー 内海に学んだ武器携えマウンドへ

西武2位浜屋“仕切り直し”先発デビュー 内海に学んだ武器携えマウンドへ

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2020/09/15
No image

西武のドラフト2位、浜屋将太投手(21)が16日のロッテ戦(メットライフドーム)でプロ初先発する。15日は同球場のブルペンで調整。「まだ(登板は)明日なので、緊張はしていないですけど、頑張ろうという気持ちでやっています」と意気込んだ。

鹿児島・樟南高、三菱日立パワーシステムズから入団。開幕1軍入りして救援で4試合に登板した後、7月27日に抹消されていた。7月中旬の楽天戦で先発する予定だったがこの時は雨の影響で登板予定がなくなっており、仕切り直しの先発デビューとなる。

2軍では内海から左打者に対するチェンジアップの投げ方を学び、磨いてきたという。「(ロッテを)攻略というよりは、しっかり自分がファームでやってきたピッチングができれば」と話した。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加