綿引勝彦さん死去「天までとどけ」岡江さんと夫婦役

綿引勝彦さん死去「天までとどけ」岡江さんと夫婦役

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/01/14
No image

TBS系愛の劇場「天までとどけ」で大家族の父親役を演じた綿引勝彦さん(左)と母親役を演じた岡江久美子さん(TBS提供)

TBS系ドラマ「天までとどけ」シリーズなどに出演した俳優綿引勝彦さんが、膵臓(すいぞう)がんのため昨年12月30日に亡くなっていたことが13日、分かった。所属事務所が発表した。75歳だった。葬儀は近親者のみで執り行い、喪主は妻で女優の樫山文枝(79)が務めたという。

同事務所によると、綿引さんは18年8月に膵臓内の、のう胞を取り除く手術を行った際に進行性のがん細胞を発見。19年12月に肺への転移が分かり、昨年2月から本格的な化学療法を始めるも、同11月には積極的治療を中止。自宅で療養を続けていたが12月25日に体調が急変したという。

樫山は「どなたにも病気のことは、言わないでほしい」と本人の強い意志があったと明かし「どうしてこうなったのかと嘆いたりもしましたが、仕方ないよとなぐさめあいながら、とくにこの1年はふたりで寄り添えたのが幸せでした」と振り返った。

綿引さんは「鬼平犯科帳」「ナニワ金融道」などのテレビドラマをはじめ映画、舞台など幅広く活躍。「天までとどけ」では、昨年4月に新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった岡江久美子さんとの夫婦役で知られた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加