稲村亜美 “異性間の友情はアリ”を改めて強調「信用があれば分厚い壁も乗り越えられる」

稲村亜美 “異性間の友情はアリ”を改めて強調「信用があれば分厚い壁も乗り越えられる」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/01/16

タレントの稲村亜美(25)が14日、自身のインスタグラムを更新。“異性間の友情”について、改めて持論を述べた。

No image

タレントの稲村亜美

稲村は13日深夜放送の関西テレビ「グータンヌーボ2」(火曜深夜0・25)に出演。番組中「2人で旅行とか行ける男友達もいる」「本当に何もなく、何もないんですよ!2人とも(恋人がいない)フリー(同士)で普通に泊まって帰ってくる。同じ部屋です。まったく何もないです」と語り、共演者たちを驚かせた。

稲村の発言について、ネット上では賛否両論の声が。反応の大きさを受け、インスタ上で改めて自身の考えを伝えた。

稲村は「色々な価値観がある中での個人的な意見ですのでそんな人もいるのかくらいに思ってもらえれば嬉しいのですが、性別が違うだけで友情が成立しない!!男と女はこうであれ!!という固定概念のようなものが、わたしにとってはとても不思議なことで」と前置きすると、「結局は人対人。一度きりの人生ですし同性でも異性でも気の合う人といればいいじゃないかと思っています」と主張。大事なのは人それぞれの“価値観”であるとした。

稲村は「もちろん育ってきた環境や歩んできた道のりが違うので、ありえないと思う方もいて当然だと思います!!」と反論側の意見を受け入れた上で、「もちろん誰でもいいわけではなく心から信じられるという自信がなきゃ成立しない点では、同性の友情より難しいかもしれません」と説明。続けて「男女のお付き合いもそうであるように、友達との友情もすべて思いやりや、信用があれば分厚い壁も乗り越えられるとわたしは信じている側の考えです」と、自身の考え方を強調した。

そんなことを踏まえて、改めて「わたしの周りには、確実に友情は存在しています」と訴えた稲村。「きっとどの答えが正解ということはないと思いますが、伝わりにくい内容で勘違いされたくないので珍しく発言させて貰いました」と、フォロワーに伝えていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加